堅実女子ニュース&まとめ 糖質ゼロでも、実はカロリーが高いなんてことも!? 「ギルトフリー」な食生活で冬太り解消〈PR〉

そこで、多くの人をダイエット成功に導いてきた管理栄養士 麻生れいみ先生に、そもそもカロリーとは何なのかを伺いました。

「カロリーとは、エネルギーの単位です。1Lの水の温度を1℃上げるために必要なエネルギーが1kcalです。1gについて炭水化物とたんぱく質が約4 kcal、脂質が約9 kcalの熱をだします。食べるもののカロリーを計算して、消費するカロリーよりも少なくすれば、その差の分だけ体脂肪が燃やされて痩せるという考えです」

麻生先生は、糖質ゼロだからといってカロリーが低いわけではない、と続けます。「 糖質がゼロならカロリーも低いだろうと思う方も多いと思いますが、そうとは限らないのです」

■糖質がゼロであってもカロリーが高いと……

ここ数年ブームの低糖質ダイエットブームもあり、とかく問題視されがちな糖質。糖質を制限すれば効果的に痩せられると感じている人は多い様子。意識調査中でも「糖質がゼロであれば、カロリーは気になりませんか」という問いに対して、積極的な回答をしたのは全体の18%のみでした。

サッポロビール株式会社調べ

 

糖質がゼロであってもカロリーが高ければ、消費されなかったぶんは体に蓄えられてしまう可能性が高いそう。糖質ゼロだからと安心して購入した商品が、まさかの高カロリーだった場合、カロリーが“ちりつも”して、思うような結果にならない可能性も大きいとか。ダイエットを意識するなら、糖質とカロリーを抑えることが、痩せるためには有効。そこで前出の麻生先生に、糖質についても伺いました。

「糖質は炭水化物から食物繊維を除いたものです。糖質と聞くと、甘い砂糖を思い浮かべる人も多いと思いますが、ご飯や麺類、パン、芋類など、私たちが主食として食べている食べ物にも多く含まれています。実は、高カロリーと敬遠されていた脂質、肉類や卵などのタンパク質には糖質はほとんど含まれていません。人の体は糖質をとると優先的にエネルギーとして燃焼し、糖がなくなってから脂肪燃焼をはじめます。つまり、糖質の多い食事をしている限りは、脂肪燃焼が後回しになってしまっているということなので、糖質を控えることができればインスリンの分泌が抑えられ、脂肪の蓄積が抑えられます」

■72%の男女が「ギルトフリー」な食生活に興味津々

ダイエットの「基本のき」を知ったところで、ビールを飲む人はどのような意識で糖質とカロリーを考えているのか、調査結果を紹介します。

「糖質とカロリーどちらを気にして商品を購入しますか」という質問に対し、83%の人が糖質やカロリーのいずれかを気にして選んでいることがわかりました。糖質よりカロリーを意識している人が39%と10%以上高かったことが印象的。これからは糖質オフが“当たり前”であり、そのうえでカロリーも低く美味しい商品が求められていることがわかりました。これからも健康志向の商品は続々と発売が続きそうです。

サッポロビール株式会社調べ

「罪悪感がないギルトフリーの食事やドリンク(ヘルシー、低カロリーで罪悪感がないメニュー)があったら、試してみたいと思いますか」という質問に対しては、72%の人が「試したい」と答えており、近年話題のギルトフリーメニュー需要の高まりを感じる結果に。数年前から美容に感度が高い人々の間でローフード(Raw Food・生の食べ物)が注目されていますが、ギルトフリーもこれから心身を健康的に保つ食生活として定着するのではないでしょうか。

サッポロビール株式会社調べ

 

お話を伺ったのは……管理栄養士 麻生れいみ先生

低糖質料理研究家。出版社の編集などを経て、自らのダイエット成功と理論を解くために栄養士の道へ。服部栄養専門学校栄養士科を卒業後、大手企業の特定保健指導・栄養相談、病院の臨床研究においての栄養療法を監修。近著に『糖質と血糖値の教科書』(G.B.)など著書多数。

 

 

糖質もカロリーも気になる人におススメなのは、「サッポロ 極ZERO 爽快ゼロ」。これは、3つのゼロ(糖質0(注1)・プリン体0(注2)・人工甘味料0)に加え、低カロリーNo.1(注3)を実現した、気軽に飲めるビールテイスト飲料。低カロリーと爽快な味わいを両立し、シトラスのような香りが特長のフレーバーホップを採用。和食、イタリアン、フレンチ、中華など料理を選ばず飲めるのも魅力です。

2018年1月30日・全国発売。

「糖質とカロリーに関する意識調査」 概要 調査期間 : 2017年12月18日~12月19日 調査方法 : インターネットリサーチ(調査機関:楽天リサーチ) 調査対象 : 男女計800人 20代、30代、40代、50代、各年代200人ずつ

(注1)栄養表示基準に基づき、100ml当たり糖質0.5g未満を糖質0としています。

(注2)100ml当たりプリン体0.5㎎未満をプリン体0としています。

(注3)国産大手メーカーより現在発売されている糖質0のビール類において(当社調べ2017年10月現在)

(注4)栄養表示基準による。

 

問い合わせ先/サッポロビール お客様センター TEL: 0120-207800

1 2