堅実女子ニュース&まとめ 肉食女子も修行ができる!?松阪市・飯福田寺の行者体験で身も心もリフレッシュ!<アウトドア編>

せっかく旅に出たのなら、日常を忘れて絶景体験や自然に触れあいたい、そんな思いの堅実女子もいることでしょう。そんなあなたにオススメの、松阪市で超マインドフルネス体験ができる場所があるんです!街歩き編はコチラ

それは、修験道の行者体験!「伊勢山上」と呼ばれる山に建つ飯福田寺(いぶたじ)は、大宝元年(701年)に役小角(えんのおづぬ)という修験者が巨大な岩窟の中で100日間こもって修行したのがはじまりと言われています。岩山と森に囲まれたこの寺は、表行場、裏行場があり、長い年月の間に数多くの修験者が訪れたそうです。ちなみに住職の世木さんは、高野山で修行をされた方で、ユーモアのある説明をしてくださいます。

伊勢山上飯福田寺。

表行場は約2時間、裏行場は30分~1時間で回れますが、行場は山道や鎖場を歩くので装備はきちんと準備していくこと。スニーカーでもホールド力のあるものを履いていくことをお勧めします。高所恐怖症な方は無理をなさらず。どうしても不安な方は、ガイドさんに案内していただくこともできます(ガイド料は別途料金)。

無事に行者体験できますように……と祈願するクイーン松阪の伊藤有希さん。

行場に入る前に、薬師堂で無事を祈ります。さあ、これからが修行です!

ここが行場の入り口、スタート地点です!

綴れ折の山道には角ごとに不動明王や愛染明王などの像が立っていて、厳かな雰囲気に満ちています。最初の難関は「油こぼし」。下から見上げると垂直のような岩肌を、鎖を頼りに登っていきます。この段階で断念する人もいるとか……。クイーン松阪の伊藤さんは、ガッツで登っていきます。

伊藤さん、ガッツで登ります。鎖があってよかった……。

鎖場を登りきると、行者像と絶景が待っています。この足元に岩屋本堂があり、自分の手足で岩肌を下りるのだとか。ここは自信がある人なら、挑戦できるかも?伊藤さんは、今回は断念。その後、山道や鎖場を歩くこと2時間、ゴールの階段に到着。まさに非日常な体験です。自然の懐に抱かれて、体を動かすことで気持ちもどんどん浄化される気がします。

まずは第一の絶景ポイント!

「抱きつき岩」など、岩山を活かした行場なので、山好きの人たちがしばしば訪れるとか。

最後は130段の下り階段が待っています。

入山料は500円。行場の受付時間は夏季8:00~15:00、冬季8:00~14:00

1 2