堅実女子ニュース&まとめ あなたが「自分らしさ」を失ってしまった理由と、今から少しでも取り戻す方法

年をとってしまったから

年齢を重ねることによって容姿が衰えたり、体力が衰えたり、考え方が保守的になったりする。でも自分の口癖で自分を老いさせていないだろうか?「もう年だから」そんな固定観念に縛られて、どんどん自分らしさを失っていないか?世の中には一定数、何歳になっても魅力的に輝き、若者から見て憧れの的存在となる人がいる。彼らは年齢のせいにして何かを諦めることはない。年をとればとるほど自分らしい輝きに磨きがかかる。そんな人生こそ理想である。若者から「ああいう年の重ね方をしたい」と思われる生き方をしたいものである。

人生100年時代を迎え、同時に副業も解禁となった。しかし国が働き方改革をしても、私達個人の働き方が変わらなければ意味ない。国になんとかしてもらうのではなく、主体的に「自分で働き方改革」をする。自分のための人生を創る。

しかし、多くの人は「自分ごと化」できない。いまさら「会社と家の往復を辞めて、社外で好きな仕事や活動をしましょう!」と言われても「何も思い浮かばない」のである。

これは17年間、私が「社外で何やりたい?」の質問をし続けて、気づいたことだ。7割が「やりたいことがわかりません」と答える。なかにはできない理由を並べる人もいる。

会社でもない家でもない第三の場所で「あの日失った自分」を取り戻す! それができている人はまだまだ少人派なのだ。1年後、3年後、5年後、第三の場所で「あの日失った自分」を取り戻す人は確実に増える。

心の自由を楽しめる人々が増えるはずだ。あの青春の頃のように、全世代が「生きることを楽しむ時代」がやってくる。そのころにはきっと、この日本に「バカンス法」も制定されているのであろう。(エッセイスト 潮凪洋介/citrus)

 

 

1 2