堅実女子ニュース&まとめ 【ホントは怖いSNS】女子高生のツイートを炎上させる人たちの「奇妙な正義感」と投稿側の心得

8月下旬、ある女子高生がTwitterに投稿した動画が炎上した。動画の内容は、付き合って一年目の記念日に遠距離恋愛中の彼氏にサプライズで会いに行くというもの。

投稿者の意図しない炎上はきょうもどこかで起こっている

投稿者の意図しない炎上はきょうもどこかで起こっている

炎上の理由は、動画に映っていた彼氏が「自転車に乗りながらスマホを使っていた」「車道の右側を通行していた」から。執筆時点でこの動画は約3万回リツイート、15万件以上「いいね」され、480万回以上再生されている。まさに炎上状態だ。女子高生は寄せられた批判に一つ一つ答える羽目になってしまった。

このように、投稿者の意図しない炎上はきょうもどこかで起こっている。

「炎上は自業自得」

『ネット炎上の研究』(勁草書房、著:田中辰雄、山口真一)によると、炎上に参加したことがある人はネットユーザー全体の1.1%で、そのうちネット炎上に積極的に参加している人は0.47%に過ぎないという。炎上させているユーザーは、“ほんの一部”なのだ。

しかし、そのようなユーザーは問題ある投稿を積極的に検索し、投稿者を攻撃したり、さらし者にしたりする。ベースにあるのは「正義感」。炎上は投稿者の「自業自得」で「社会的制裁」だ、と考える傾向にある。

今回も、「自転車に乗りながらのスマホ使用」「車道を逆走」という明らかに悪い点があった。悪いことを叩くという大義名分があり、Twitterなら匿名でリプライを送れてしまうため、攻撃が過激化しやすい。

1 2