堅実女子ニュース&まとめ SNS、メールのデジタルストレスをなくすには「メモ」するのが一番?

「昔に比べて最近は情報が多すぎる」
「新しい情報が入ってくるペースが早くなってきてついていけない」
「毎日SNSに返信するのが面倒だ」

デジタルストレスを解消するためには?

デジタルストレスを解消するためには?

絶え間のないメールやメッセンジャーで蓄積された目に見えない心身の疲れやストレスは今や大きな社会問題になっています。忘れようと頑張っても忘れられるものではありませんし、忘れた気分になっていても頭の中では覚えている、そういった情報が頭の中に留まってくるとそれがストレスにつながるのです。

ここで必要なのは「入ってくる情報をいかに減らすか」ではなくて「入ってきた情報をいかに外へ出すか」という思考の転換なのです。入ってくる情報を自分のフィルターで消化して、すぐにメモにして外に出すという考え方です。貯めない・溜めない、すぐやる、すぐに処理することが大事なのです。情報を自分の中に溜めずに、すぐにメモとして外へ出すことによってストレスを減らす。まずは、この考え方から変えてみましょう。

まずメモする、シンプル&スピードでまずはスタート

まずメモをする。シンプルにそこから始めてみましょう。難しいことはせずに、あまり考えすぎない。とにかく機械的にシンプルに手を動かす、そんなイメージで始めてみましょう。

例えば、友人がFacebookで紹介していた美味しそうなレストランの情報を見ていたとしましょう。普段のあなたであれば、「ああ美味しそうだな。見た目も迫力あるし、インスタ映えもしそう。今週末でも行ってみようかな」と思いつつ、そのポストにいいねをした後に目線はすでに次の友達のポストに移ってるのではないでしょうか。

そこで「すぐメモ」をしてみましょう。そのポストに出ていたレストランをオススメの「迫力のローストビーフ丼」という一言を添えてスマホでメモしておくのです。その作業に何秒くらいかかりましたか?おそらく10秒程度ではないでしょうか。たったこれだけの作業でこのレストランの情報は「あなたの外部」に記憶されたのです。

そうすれば、もうあなたは「なんとなく週末どこかに行きたいと思っていたけど、どこだったかなあ。。」と後で思い出せずに苦しむことは無くなるのです。たったひとつのレストランの情報だけで苦しむなんて大げさだと思うかもしれませんが、こういった情報が一日の中でさらにたくさん出てくるとすると、覚えようとする努力とストレスは少なくないのです。まずメモをしてスッキリしてしまいましょう。

to doをメモするだけでストレスフリーに

ストレスの一番の原因、覚えておかなくてはいけないことをその場でto doとしてメモしましょう。to doリストを使っている人は多いと思うのですが、ここでのポイントは「どんな小さなことでもすぐにメモする」ということです。

例えば、仕事でデスクに向かっている時にLINEで家族から「今週末これしておいてね」とメッセージ入った時、たとえ「了解、これくらいなら忘れない」と思っていて、その後いろんなタスクをこなしているうちにいつしか意識からは消えていたりします。ほんの一瞬、to doリストに「週末これする」とメモするだけでその予定は記憶しておく必要がなくなるのです。

未来や過去のことはメモにまかせて、「今この時」に集中する環境を作りましょう。こういったほんの小さなすぐメモの積み重ねが、意外と大きなストレス解消につながります。

「いろんな情報にさらされて落ち着かない」という状態から「必要な情報はメモしているので安心だ」という状態になれば、今やっていることに集中して、いつものことをいつも以上に感じ取ることが可能になるのです。それは、単に仕事のパフォーマンスが上がるだけでなく、例えばご飯が美味しく感じられる、青空が綺麗に感じられる、人が親しく感じられる、こういった生活が充実していくことにもつながるのです。

すぐメモでデジタルストレスを無くし、マインドフルネスの状態を目指しましょう。

1 2