ライフスタイル ちょっと贅沢なひと時を!「成城石井」のパンのお供厳選5品!

堅実女子の皆様、きちんと朝ごはんは食べていますか?パンブームの昨今、朝はご飯ではなくパン派の人もいるのではないでしょうか。パンをおいしく食べるには、ジャムやバターなどのパンのお供は欠かせませんよね。朝食に、時にはお酒のおつまみとして活躍する成城石井のパンのお供をご紹介いたします!どれも手軽に取り入れることができ、パンをより一層美味しくしてくれますよ。

パンのお供にぴったりのアイテム。

パンのお供ならコレ! 成城石井で見つかる5選

1.サポーリ ディ イタリア プロシュート クルード ペダル

たっぷりと200グラム入ったプロシュートは、食べ応え抜群!

パーティーフードとしても重宝しそうなボリュームの「サポーリ ディ イタリア プロシュート クルード ペダル」(200g 1,290円)。おひとり様の場合でも、日持ちするのでご安心を!

歯ごたえのあるバケットの上に乗せてパクリ!と勢いよく噛み締めれば、満腹中枢も刺激され、食べ応えも感じられます。バゲットの上にチーズをのせ、その上にさらにプロシュートをのせて食べれば、ホテルのビュッフェなどで見かける朝食のよう。硬めのバケットのサクっとした香ばしさと、チーズの持つ酸味、プロシュートの塩気が、何個でも食べてしまえそうです。

バケットからはみ出すぐらい、豪快に盛り付けて!

忙しい朝でも、焼いたりというような調理をする必要がないプロシュートは、時短に便利な優秀な惣菜。ぜひ、冷蔵庫の中に常備しておいて! ハズレのない一品です。

2.ホームプレート ピーナッツバタークランチ 

日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、アメリカでは、クラブハウスと呼ばれるスポーツを楽しむために作られた施設などで常備されているという『ホームプレート ピーナッツバタークランチ』(454g 699円) 。このホームプレート社は、元メジャーリーガーたちが設立した会社で、よく見るとパッケージに野球選手の顔がデザインされています。アメリカでは、どの家庭でも一家に一つはあるというピーナッツバター。クランチ(粒)と呼ばれるピーナッツの粒が入ったバターをパンにひと塗りするだけで、疲れた身体に甘さがしみこんでいきます。原材料のうち90パーセント以上をピーナッツが占めています。コクのある独特の甘さと、まろやかさからは素材の良さが伺えます。

野球のベースを思い出させるデザイン。

おススメなのは、ピーナッツバターと、『成城石井 果実60%のストロベリージャム』のWトッピング。ピーナッツバターのビターな甘さと、ストロベリーの果実が持つ甘酸っぱさが見事に混ざって、オトナ女子向けの甘すぎないスィーツ感覚の味が完成です!ちょっと小腹を満たしたい時に、ピーナッツバターがあると便利ですよ。

ピーナッツバターと、ストロベリージャムの合わせ技!

1 2