ライフスタイル 【朝活のすすめ】Vol.1 朝時間の達人に聞いた!朝活ができるようになるためのスゴ技

いつも“明日こそは、早起きをしよう”と意気込んでみても、忙しいアラサーOLはつい早起きの習慣が三日坊主に……。毎日、早起きを続けるようにするには、どうすればよいのでしょうか??

澄江さん「体内時計を朝型に調整するには、1~2週間は必要と言われています。早起きを習慣にするには、三日では難しいんです。体内時計を朝型に調整するには、例えば今、朝7時に起きて、夜24時に寝るリズムだとしたら、その時間を前倒しにずらすようにしていきます」

二週間は様子を見なければならないのですね!

澄江さん「そうなんです。ゆっくりと長い目で朝型にシフトチェンジしていくイメージです。この時、最初から“1時間早起きしよう”っていうとハードルが高くなってしまうので、“30分くらい早く寝て、早く起きる”と、それくらい刻んで身体を少しずつならして、体内時計を調整していきます。

まずは大事なのが、起きる時間を一定にすること。最初はなかなか寝付けないので早起きするのは辛いかもしれませんが、少しずつ身体を慣らしていきましょう」

ほかにも、早起きを習慣化するポイントってありますか?

澄江さん「朝起きたら、太陽の光を浴びることです。カーテンを開けて、できれば陽の光を20分浴びる状態にすると、目が覚め体内時計もリセットされます。窓のそばで朝食をとるとか工夫をしてみてください。反対に、カーテンも開けずに、暗い部屋のままで慌てて家を出るような生活だと、体内時計の調整もうまくいきません」

注意したいのは、早起きで無理をしないことなのだとか。

澄江さん「2時間早起きしたとしても、体内時計の調節ができていないと、日中の集中力が低下してして生活に支障をきたしてしまいます。大切なのはしっかり睡眠時間を確保して、寝る時間、起きる時間をずらしいくことです」

では特に朝時間を使ってしたいことや目標がない場合は、その時間は何をして、どのように有意義に使えばいいのでしょうか??

澄江さん「無理して、新しいことをしなくてもいいと思います。自分の一日を振り返って、「本当はもっとこうしたい、こうありたい」と思っていることってありませんか。その気持ちを朝時間で叶えるんです。例えば、野菜不足を感じていたら朝ごはんにサラダを追加したり、お肌の調子が悪いと感じたら朝にシートパックをしたり。毎朝1か所だけ掃除をする“ポイント掃除”や、不要なものを毎朝1つ処分する“一日一捨”など、朝の掃除や片付けも、朝活実践者さんたちに人気です」

ポイント掃除で、すがすがしい朝を迎えられそう。

それなら、早起きした時間を有意義に使えそうです!

澄江さん「朝活というと資格を取るような目的意識の高い活動を思うかもしれませんが、そうではなく、一日を気持ちよく過ごすために心地よい朝時間を過ごすこと、生活のクオリティーを上げることを意識した時間の使い方もオススメです。“やれたらいいな”と思っていることを、朝5分でも時間を作ることで可能になりますよ」

・朝時間の達人の格言:早起きするには、前の晩に早く寝るのが重要。

取材協力/朝時間.jp https://asajikan.jp/
「いつもの朝も。とくべつな朝も。」をコンセプトにした日本最大級の朝のライフスタイルマガジン。
1 2