ライフスタイル あるとないでは大違い!トラベルライター激推しの100均ショップでそろう海外旅行お役立ちグッズ

5.今や常識?マイボトル

「水は有料」が当たりまえの海外ですが、近年ではペットボトルのごみを減らす目的で、自前のボトルを持ち歩く人が急増中です。100円ショップのボトルはプラスチック製で軽く、デザインも豊富。サイズも選ぶことができるのがうれしいところ。空港のセキュリティでは水分が入っていると捨てなくてはなりませんので、まずは空の状態(購入後、一度洗ってください)で手荷物に入れておきます。機内でCAさんにお願いすれば水を入れてくれますので、水が飲みたいときにいちいちギャレーまでもらいに行かなくても済み、とても重宝します。また、現地でもレストランなどで水を補給させてもらえばペットボトルの水を何本も買う必要がありません。前述のとおり、世界的にペットボトルごみを減らす動きがありますので、快く補給させてくれるでしょう(ミネラルウォーターではなく、飲用にフィルターしてある水があれば)。水道水がそのまま飲める国も多いので、宿泊先などで確認してみて。

6.あればぐっと楽に!首まくら

首回りに巻いて使うクッションで、空気を入れて使えるものが100円ショップで購入可能です。使っていないときは小さくたたんでおけるというだけでなく、空気の入れ方によって硬さを調節できるのがうれしいところ。ただ、手触りがあまりよくないので気になる人はタオルなどをまくといいかも。

海外の空港などでは平気で1000円以上します。

7.薬の飲み忘れも防ぐ!1週間分ピルケース

7日分、1日3~4回分に仕分けされたピルケース、最近は1日分だけを切り離せるものもあって、旅行の日数分だけはずして持って行けるので便利です。預け荷物の遅延、ロストバゲッジなどの可能性もあるため、普段から服用している薬やサプリは預け荷物には入れず、手元に持っておきましょう。

生活する上で絶対に欠かせないものは、必ず機内持ち込みに。

いかがでしたか?プチプラでとても快適&ストレスフリーに旅ができる、100円ショップはトラベラーにも強い味方ですね!

文/岩佐史絵

1 2