ライフスタイル バーゲンで失敗しない靴選びのコツは「ベーシック」と「サイズ」、正しいサイズ選びのチェックポイント5つ

ちらほらスタートし始めたサマーセール。欲しかったあのアイテムが、セール価格になっていたらうれしいですよね。靴は特に、消耗品でもあるので、この機会にチェックしたいもの。ただ、安いからときちんと試さず購入し、履いてみるとなんだかサイズが合わないなんて失敗は堅実女子としてはNGですね。どんなところをポイントに選べばいいのか、「ミスターミニット」の長嶺素義さんに教えていただきました。

ベーシックなものをチェックすべし

プライスダウンするバーゲンシーズンは、お財布の紐も緩みがち。通常なら買わないデザインのタイプに挑戦しやすいという声もよく聞きます。ただ、冒険しすぎると、洋服とのコーデが難しかったり、履いていくシーンがなかったり、出番がない靴を買ってしまうこともあります。安く購入しても履かなければ、結局、無駄になってしまいますよね。「セールでは、ベーシックなものを選びましょう」という長嶺さん。パンプスのつま先部分のデザインが、ポインテッドやラウンド、スクエアと多少の流行はありますが、ベーシックなパンプスをセールで選んでおくと、その後、履く機会が多いそうです。デザインものは、そのシーズンにはピッタリですが、確かに、次のシーズンは履くのをためらうこともありますよね。ベーシックなものをセール価格で手に入れるのが、まさに堅実ということですね。

サイズは、しっかりチェックすべし

セール期間中は、通常より混雑していることも多く、サイズがわかっているからと、試し履きをせず購入したくなりますが、長嶺さんは、絶対に試し履きするようにとおっしゃいます。また、多くの人は大きいサイズの靴を選びがちだとか。靴のサイズ選びで、チェックするべきポイントを教えていただきました。

1 2