ライフスタイル タピオカだけじゃない!ジャンボシュークリームも参入!広がる紅茶の楽しみ方

街中でも、電車内でもタピオカミルクティーを片手に、談笑する女性を多く見かけます。3年前から大行列のフルーツインティーは、今年も新メニューが加わり、行列必至。紅茶ブームが到来し、新たなコラボ商品も登場しています。ますます紅茶の人気が高まりそうです。

SNS映えする紅茶

一定数のコーヒーファンはいますが、今年は、紅茶の人気が高まっています。そのけん引役は、なんといってもタピオカミルクティー。持っている人を見かけない日がないくらいの大ブームですよね。タピオカミルクティー越しに撮影し、SNSにアップするなど、映えるアイテムとしても人気のようです。3年前の夏、リプトンのフルーツインティーが発売されたころからかわいいと人気になり、じわじわと紅茶人気も広がっているようです。フルーツだけでなく、チーズティーなど、紅茶の種類も増えています。日本初のペットボトル紅茶を33年前から販売しているキリンビバレッジでは、「午後の紅茶」シリーズの売り上げが5月末の時点で前年比111%と伸びているそう。ペットボトルの紅茶としてトップ独走中の「午後の紅茶」がこれだけ伸びているということは、紅茶派が増えていることの実証とも言えます。また、2019年3月に発売になったばかりの「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズ ミルクティー」は甘過ぎないと好評で、ペットボトルのコーヒーユーザーからも支持を受け、紅茶派にチェンジしたという人もいるとか。甘さ控えめ、カロリー控えめのザ・マイスターズ ミルクティーで、オリジナルタピオカミルクティーを作る人もいるそうです。

「午後の紅茶 ストレートティー」と甘さ控えめ「午後の紅茶 ザ・マイスターズ ミルクティー」。

1 2