ライフスタイル この夏こそデビューのチャンス! キャンプの達人に聞いた、キャンプでまず最初に必要なもの3つ

女性だけで、テント設営できるかな?

この体験会では、実際にテントの設営体験ができました。2~3人のグループに分かれて、各自テントの設営を始めます。意外と骨組みを組み立てて、テントに通す作業や、テントを起こして建てる時など、ちょっとしたコツが必要で「あれ?うまくいかない~」という声も……。大人になってから、共同で何かを作る体験は、キャンプ婚活もできそうです。

骨組みから設営するテントのほかに、女性一人でも簡単に設営ができる「クイックアップ IG シェード」という商品の実演もありました。こちらは、単独でキャンプに行く場合に使えそうです。

テントの設営ができるようになると、とりあえず荷物を置いたり、拠点として使えるのでデイキャンプやバーベキューも過ごしやすくなりますね。

お手本を見ながら、テントを設営していきます。

こちらは、簡単に広げて使うことができるテント。コールマンジャパン 梅園さんによる実演です。

女性でも簡単に設営できます。

キャンプのプロに聞いた!キャンプでまず最初に必要なもの3つ

今年こそ、キャンプデビューしたい!

数あるテントや、チェアを見ていると、どれから揃えたらよいのか迷ってしまいます。そこで今回は、プライベートでも仕事でもキャンプが大好きというコールマンジャパンの梅園さんにお話をお聞きしました! キャンプに興味がある初心者はまず何から始めればよいのでしょうか??

「まずは、いきなりキャンプデビューではなく、アウトドアになれるところから始めてみましょう。まずは最初は、施設にあるタープを借りたり、コテージに宿泊したり。バーベキューなど外でご飯を食べるだけでも、気持ちよく過ごす楽しみを味わえます。その方がハードルが低いので、始めやすいです」

女性同士のキャンプだと、クルマがないケースや、荷物を持ち運ぶのがネックでキャンプデビューのハードルが高くなっているケースもありそうです。

「確かに、女子だけだとクルマを持っていないケースも多いと思います。その場合は、なるべく最初は荷物を少なくキャンプを始めると、長続きしますよ。

キャンプに興味を持ったらまず最初に必要なものは
・寝袋
・マット
・ランプ
の3点。

<寝袋>

気に入った寝袋だと、キャンプも楽しみになります!

女性の場合はできれば小さいものがお薦めです。コンパクトな1人用なら普段使わない時でも場所を取りません。寝袋は、本来は「いつ、どこで使うか」という温度差によって、使うものが変わっていきます、初心者の場合は、春、夏、秋と3シーズン使えるような定番商品を選ぶとハズレがないです。

<マット>

テントの下に敷くマットで、快適度が変わってきます!

意外と後回しにしがちなのが、テントの下に敷くマットです。でもマットは自分のために使うものなので、ぜひ早いうちから購入するのをお勧めします。マットがあれば、多少テントの下に石がゴロゴロとあるような悪状況でも、大丈夫です。キャンプでテント泊をするなら、マットがあると寝心地が変わってきますよ。

<ライト>

ライトは防災時にも役立ちます。

キャンプは夜は暗いので、ライトは必需品、最初は小さなLEDライトがおすすめです。ライトがないと、テント内も真っ暗で危険ですよね。初心者なら、ヘッドライトだと両手が開くので便利ですよ。首からぶら下げるタイプもいいですね。

7月にデビューしたばかりの『ストンプ』シリーズは、コンパクトで女性も使いやすい。

段々とキャンプに慣れてきたら、2人用のテントを導入するのもいいですね。キャンプデビューすると、人生の楽しみが広がりますよ!

取材協力:コールマン https://www.coleman.co.jp/

1 2