ライフスタイル 【麺喰い女子】生薬たっぷりで体に良さそう!でも気になるお味は……?養命酒酒造プロデュース「養生ラーメン」実食レポ

麺喰い女子の皆さん、最近ラーメン食べていますか?

今回ご紹介するのは、あの「薬用養命酒」がプロデュースした「養生ラーメン」です。現在養命酒酒造では「ラーメン養命酒 元気な胃腸で美味しく食べようキャンペーン」を実施中。公式LINEアカウントから応募した人の中から抽選で400名の人に、養生ラーメンとどんぶり・れんげ・特製エプロンがセットになった「養命酒製造特製 養生ラーメンセット」をプレゼントしています。

こちらが応募した人から400名に当選する「養命酒製造特製 養生ラーメンセット」。養命酒ボトルシルエットのどんぶりがオシャレです。

ところで気になるのは、やはり養生ラーメンの味。養命酒といえば14種類の生薬が入った薬用酒として、誰もが知っているロングセラー商品です。一体、養生ラーメンとはどんな味なのでしょうか?今回は特別に取り寄せて、その味をレポートしちゃいます。

スープと和漢食材をグツグツ煮込んで完成!

養生ラーメンは醤油ベースの「黒養ラーメン」と、鶏白湯ベースの「白養ラーメン」の2種類。どちらも麺は細い乾麺で、スープの素と乾燥した和漢素材が入っているのが特徴です。黒養ラーメンの和漢素材は松の実、きくらげ、ナツメ、白養ラーメンはクコの実、生姜、柚子皮が入っていました。

右が白養ラーメン、左が黒養ラーメンの調理前。

調理法は簡単。水450mlを沸騰させたら、麺とスープの素、そして和漢素材を入れて4分煮込むだけです。この時、野菜などの具材を一緒に煮込んでもOK。よくある袋めんは麺を茹でたら食べる直前にスープの素を入れる方法が一般的ですが、こちらはスープと一緒にグツグツと煮込む、珍しいタイプとなっています。

黒養ラーメンの調理中、スープで麺と和漢素材を煮込んでいます。

いよいよ実食!果たして気になるお味は?

1 2