ライフスタイル 女子に定評のある「三井ガーデンホテル」が新たにオープンした京都のホテルは、ロケーション推し!

ホテル建設ラッシュがまだまだ続く京都ですが、滞在時間を1分でも充実させたいというアクティブ女子にぴったりなホテルが、JR京都駅のほぼ真ん前という好立地にオープンしました。

「三井ガーデンホテル京都駅前」はその名の通り、京都駅中央口から徒歩3分という立地に新しく建てられたホテルで、にぎやかな京都駅から一つ隔てた通り沿いにあります。地下街からはさらに1分という距離で、JR以外に近鉄線や地下鉄、バスの乗り降りにも便利なロケーションになっています。

入り口はまるでマンションのようですがが、中に入ると明るく落ち着いた空間が広がり、駅前であることを忘れてしまいます。ロビーは茶庭、吹き抜けの坪庭を降りたところにある地下レストランは曲水の庭というように、ホテル全体に茶室を現代にアレンジしたイメージが取り入れられていて、インテリアには組子や和紙が使われ、ホテルのアイコンとして茶室に使われる円窓が玄関口やロビーのあちこちに配されています。

マンションの入り口のようなエントランス。

茶庭をイメージしたロビー。

地下のラウンジ・レストランへは水が流れる吹き抜けの坪庭を通ります。

室内には茶器をはじめとした様々な伝統工芸品が飾られています。

部屋のタイプはダブルとツインとトリプルがあり、いずれも2名以上で利用する広さになっています。ダブルの部屋は床が広々として大きな荷物も拡げやすく、ツインはシングルベッド2台の隙間がないハリウッドスタイルにしています。円窓をあしらった障子、行灯型の照明、床の間をイメージさせる床柱、銀箔張り風のミニバー、畳を敷いたバゲージ台などなど、和洋スタイルが混在する空間は、テーブルやイスなど機能的なインテリアも揃えられています。

ベッドが3台並ぶトリプルルーム。

ツインルームはハリウッドスタイル。

1 2 3