ライフスタイル キレイになれるとっておき時短レシピ、揃っています♪ 賢人のあったか冬メニュー5

寒い季節は温かい食事をとりたーい! けれど、そんなに時間もとれないし……という人のために、ヘルシーだけど、美味しい! そしてあたたかい♪ そんなお手軽レシピを、はまだふくこさんの連載「時短レシピ」からピックアップしてご紹介します!

超簡単! レンジで温やっこ

kenjo_20150205_01

刻んだ野菜を豆腐の上に乗せて、電子レンジで加熱するだけの時短レシピ。湯豆腐やお鍋だとちょっと面倒ですが、これなら数分の調理で熱々の一品に。電子レンジで加熱することで、野菜のシャキシャキとした食感が残り、スープと一緒に食べるので栄養もまるごといただけます。野菜不足と感じるときにもオススメ。

材料(1人分)
・絹ごし豆腐 130g(小1丁)
・長ネギ 12㎝ ※縦に切り目を入れてから、細い斜め切り。
・白菜 1/2枚 ※5㎝長さに切り、細切りにする。
・エノキ 1/3わ ※石づきを取り、ほぐす。
・小松菜 1~2枚 ※5㎝長さに切る。
・めんつゆ(ストレートタイプ) 大さじ2
<仕上げ用>
・柚子の皮 少々
作り方
1.深めの耐熱容器(丼、小鉢など)に、絹ごし豆腐を入れる。
2.<1>に下ごしらえした野菜類を乗せて、全体にめんつゆを回しかける。ふた(または、ラップフィルム)をして、電子レンジに1分30秒~2分かける。白菜の芯の部分は、そぎ切りにしてからせん切りに。熱の通りやすいネギやエノキは丼の中心に、白菜の芯や小松菜の茎は脇のほうに置くように。
3.仕上げに刻んだ柚子の皮を乗せる(なければ、ポン酢を少々かける)。

>>さらに詳しいレシピはこちら

女子会の締めにも♪ ほっとおとうふあんみつ

kenjo_20150205_02

滑らかな食感のおぼろ豆腐が主役の、温かくてヘルシーなアジアンスイーツ風デザートです。お店で、「豆腐花と中華風のおしるこ、両方オーダーしたい!」って思ったことありませんか? 両方の魅力をこの一品で味わって。食べ応えがあるので、軽食にもぴったりです。

材料(2個分)
・おぼろ豆腐(寄せ豆腐) 100g ※常温に戻しておく。
・豆乳 60~80cc おろしショウガ 少々
・メープルシロップ 小さじ1
<ソース>
・粒あん(市販品) 大さじ2
・すりごま(黒) 大さじ1
・豆乳 大さじ1
<仕上げ用>
・椿油(なければ、ココナッツオイルやアーモンドオイルなど) 少々
作り方
1.耐熱の器2個(小鉢、そば猪口など)に、おろしショウガとメープルシロップを入れ、豆乳を注いでかき混ぜる、電子レンジで加熱(1個につき30~40秒)する。
2.大きめのスプーンでおぼろ豆腐をすくい、<1>に加える。
3.<ソース>の材料を器に入れ、混ぜ合わせる。あんとすりごまの量は好みで増減を。
4.<2>に<3>を添え、最後に椿油を数滴かけて食べる。

>>さらに詳しいレシピはこちら

ボリュームはあるけれどヘルシー!ロール白菜

kenjo_20150205_03

ロールキャベツのように、ひき肉を練るのも、葉の湯通しも不要。中身が豆腐なので、加熱も短時間でOK。カロリー控えめですが、思いのほかボリュームのある一品です。
火が強すぎると、豆腐が煮崩れてしまうので注意を。加熱後、10分ほど置いて余熱で調理します。食べるときは、再度加熱して、熱々を。煮えた芯の部分を添えれば、トロリとした食感の違いも楽しめます。

材料(2杯分)
・豆腐 1/2丁(150g・ひと口大、厚さ1㎝に切る)
・白菜 2枚(葉の部分と芯に切り分け、芯は長さ5㎝×幅5㎜に切る)
・酒(調理酒) 大さじ1
・コンソメ 水800cc相当分
・片栗粉(コーンスターチ) 大さじ1
・(あれば)ドライハーブミックス ひとつまみ
作り方
1.豆腐に片栗粉を軽くまぶす。
2.<1>を白菜の葉で縦にくるくると巻く。
3.鍋に、<2>を巻き終わりを下にするように並べ、かぶるくらいの水(800cc)とコンソメ、酒を入れ、中央に白菜の芯の部分を入れ、(ハーブミックスがあるなら、ここで加えて)中火にかける。
4.煮立ってきたら、沸騰が続く程度に火を弱め、ふたをして、7~8分煮たら火を止める。スープの味をみて、足りないようなら、塩・コショウで調味し、ふたをして10分ほど置く。

>>さらに詳しいレシピはこちら

▼まだまだあります♪ あったか時短レシピの続きは次ページで!

1 2