ライフスタイル ツレヅレハナコ流ホームパーティーの極意(1)完璧を目指さないで、気軽なお取り寄せ鍋料理だけでもホムパになる!

クリスマスや年末年始など、乾杯が増えるシーズン。小洒落たレストランもいいけれど、毎回それじゃ、心身もお財布もくたびれます。そこで、多いときは月に2〜3度は“ホムパ”(=ホームパーティー)を開く編集者のツレヅレハナコさんに、リラックスして楽しめる“ホムパ”のコツを伺いました。

完璧じゃなくたって、ホムパは楽しい!

ホムパといえば、ともするとホストは席に着くことなく、ゲストをもてなし続けるようなイメージ。どうもハードルが高いのですが……。ツレヅレさん曰く、ホムパのホストとして大切なことは「完璧のハードルを下げて、ポジティブマインドを持つこと」

「部屋がピカピカじゃなきゃ。広くなきゃ。お皿やグラスが揃ってなくちゃ。そういうホストへのイメージって、自分をよく見せたいという見栄からきていると思うんです(笑)。ゲストはそこまで気にしていないことも多いですよ。まずは、完璧じゃなくちゃホストは務まらないという、思い込みのハードルを下げてみましょう。

何も特別な料理がなくたっていい。普段のままの家に誰かを招いて、冷蔵庫にあるもので、一緒にごはんを食べることも、立派なホムパですよ。

そもそもホムパは、みんなが楽しいことを分け合う時間だと思うんですよね。だから、日頃から周囲の人たちは何が好きでどんなことを楽しいと思っているのか、さりげなくチェックしています」とツレヅレさん。すると、『○○さんはこれが好きだから、今度ホムパに呼んで食べてもらおう』とか、『エスニックが好きな人同士でエスニックパーティーをしよう』など、具体的なイメージや楽しみ方も浮かぶのだそう。

ホムパって、こんな風に映えでオシャレにしないといけないんじゃないですか……?ハードル高いんですけど……なんて思っていたらダメダメ!完璧にしなくていいんです!

まずは気楽な「お取り寄せ鍋」から始めよう

例えば「鍋を取り寄せるから、うちに来ない?」は、ホムパへのいい誘い文句のひとつ。3〜4人用の鍋とカセットコンロさえあれば始められるので、初期投資は5000円くらいあればOK。何より、支度のハードルがかなり下がります。

「お取り寄せの鍋料理には、スープと主菜はもちろん、カット野菜がセットになったものもあります。具材を鍋に入れて加熱するだけだから、気楽ですよね。

食べていくうちに食材が足りなくなったら、自宅にある野菜や具材を足せばいいし、取り分けてからたれや調味料で自分好みにできちゃうのも鍋料理のいいところ!一品で、シメまで担ってくれますよ」

1 2