ライフスタイル 野菜を意識的に食べている人の8割以上が、目標の半分くらいしか食べられていなかった!

冬は野菜不足が気になる季節。価格も高いので、なかなか思うように食べることができませんよね。厚生労働省が発表した調査によると、成人1日の野菜摂取量の目標は350g。しかし平成25年のデータによると、1日の野菜摂取量の平均値は272.85gと大きく下回ることがわかりました。

では実際にみんなどれくらい野菜を食べることができているのしょう? 実は意外と野菜に対する意識は高く、総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティングが全国の20~69歳の男女1000人を対象に行った調査によると、「野菜摂取ができている」と思っている人は、84.2%もいることが判明。「冬は野菜不足になる」と感じている人も56.9%いることがわかりました。

■あなたは普段、野菜を摂取できていると思いますか?■

 0208g1

一方で実際の野菜摂取量は少なく、目標値350g以上に達していない人は86%もいて、その平均摂取量は195.62g。性別でみると、男性が191.42g、女性が199.82gと女性がやや多く、年代別に見ると30代と50代以降がやや多い傾向にあることがわかりました。しかしながらやはりどの世代も目標値は大きく下回るのが現状。意識的に野菜を摂取しようと思っていても、なかなか実際は難しいことがわかったのです。

■年代別・性別の1日の野菜摂取量■

0208g2

また冬になるとなぜ野菜不足になるかを尋ねたところ、半数近い人が「価格が高くて買うのを控える」と答えていることがわかりました。また3割の人が「体が冷える気がする」「寒くて生野菜は食べたくない」と回答。多くの人が実感する冬の野菜不足は、以上のような原因があったのです。

■なぜ冬になると野菜不足になると思いますか?■

0208g4

では冬になると何を食べるようになるのでしょう? 野菜不足解消レシピも紹介! 次ページでチェック!

1 2