ライフスタイル ついにタピオカは鍋料理にも進出!?2019年冬の鍋トレンドは“台湾”がキーワードに

最近まで暑かった気がしますが、気が付くと秋本番で冬ももう間近。鍋が美味しい季節です。鍋は簡単で栄養がとれて美味しいなどいいこと尽くしの料理ですが、レパートリーがないといつも同じ味になってしまうのが悩みの種です。

そこで今回ご紹介するのは、料理レシピサイト「クックパッド」が2019年に食卓で注目されたキーワードから、新しい鍋の流れを予測する「おうち鍋トレンド予測2019」。今年はどんな家鍋がトレンドなのでしょうか?

ブームの予感?台湾の定番朝ごはん「シェントウジャン」が鍋料理に!

「おうち鍋トレンド予測 2019」は、食トレンド大賞・予測にノミネートされた候補キーワードから、鍋と相性が良いものを抽出。そのキーワードに基づき、編集部がトレンド要素を含んだ5つの新しい鍋を考案し、ユーザーから投票を募っています。ちなみに今年の候補キーワードは「台湾朝ごはん」「和の発酵食品」「チーズ」「麻辣」「タピオカミルクティー」。まさにタピオカをはじめとする台湾ブームが色濃く反映された結果となっています。

そして今回、ユーザー投票で1位となったのは「シェントウジャン鍋」。「シェントウジャン(鹹豆漿)」は豆乳のスープで、台湾の朝ごはんの定番メニューです。鍋では暖かい豆乳ベースのスープに、豚肉や野菜などお好みの具材を投入。仕上げに黒酢を入れるとゆるく固まり、とろふわな食感が味わえるそうです。

トッピングは桜えびやザーサイ、お好みでパクチーを入れても美味しいそうです。

1 2