ライフスタイル ワクワクするは「Thrilled」!教科書英語にはない頻出かつイマドキな英語フレーズ

「ish」をつけると「~っぽい」になる

例えば「あなたは猫っぽいね」と言う場合「You are just like a cat」という言い方ができます。でもそれと同じくらい良く使われるのが「You are cat-ish」という表現。

「red-ish」で「赤っぽい」など一言では形容しにくいイメージを相手に伝えることができます。また、「Yes-ish」は「うーん、そうだと思う」という意味になり、返答を先延ばしにしたい時などに便利です。誰かからのお誘いを断りたいけどちょっと言いにくいという時などにぴったりですね。

これは時間にも使うことができ、例えば「5-ish」と言うと「5時ごろ」という表現になり、待ち合わせをする際などによく使われます。

「最高にクール!」は「rad」を使う

誰でも褒められればうれしい気持ちになるものです。そのため、人を褒める表現はたくさん知っておいて損はありません。「素晴らしい」「最高」と相手や相手の持ち物、相手のアイデアなどを褒める場合には「cool」や「awesome」という単語が良く使われますよ。これらもとても喜ばれる誉め言葉ですが、若者の間では「rad」という言い方も良く使われています。

”イマドキ褒めフレーズ”は、女子会やデートでも大活躍!

これは「radical」を略したもので、10代から20代前半くらいの若者の間で使われる表現です。「radical」の本来の意味は「急進的な、革新的な」というものですが、「すごい、すばらしい」という意味で使われることもあります。

「The party should be rad!(素晴らしいパーティーになるよ!)」など、素敵なイベントを計画している時にも使ってみてください。

今っぽい表現を使って会話を楽しもう

外国人と日本語で話す際、相手がイマドキな日本語を使うと「面白い!」と感じるものです。英語でもそれは同じこと。イマドキな言い回しや簡単なスラングを会話に混ぜることで、相手の興味をひき「面白い人だな」という印象を与えることができます。

学校で学んだ語彙をベースに、そこから一歩進んで、ネイティブの日常になじんだ英語表現を使うことができると、一気に相手との距離が縮まりそうですね。

文/山根ゆずか

1 2