ライフスタイル 【麺喰い女子】もしやこれこそ、近未来のラーメンなのかも……具材は一切ナシの二郎系かけラーメン「まさ屋」実食レポート

麺喰い女子の皆さん、最近ラーメン食べていますか?今回訪れたのは、東京・蒲田にある今年の10月にオープンしたばかりの「まさ屋」。実はこちら、当シリーズの読者の方から「面白いお店がオープンしましたよ」との情報をいただいて知りました。こちらの看板メニューは「かけラーメン」。具材が一切なく、麺とスープのみで勝負をするラーメンなのです。そういえば、かけそばやかけうどんは珍しくないのに、ラーメンはほとんど聞いたことがないですよね。

お店の中はこんなかんじ。白い腰掛にカウンター、そして近い距離に立つのは店長のひろきさんです。

そしてこちら、とにかく店が狭いです!カウンター5席で、腰掛けらしきものがありますが、座った状態ではラーメンを食べるのに体が届かない謎設計。つまり食べるときは立ち食いが基本となっています。

会計は現金不可でキャッシュレス決済のみ!

さっそくお店に訪れてみると、まず驚いたのは「現金不可」の文字。電子マネーかクレジットカードのキャッシュレス決済しか使えません。そしてラーメン店では定番の「食券」もナシ。そもそもメニューは「かけラーメン」と、「生卵」だけなので、食券の出番もありません。ただかけラーメンにはAとBがあり、Aは太麺でBはAよりやや細い中太麺となっています。

かけラーメンA 450円 麺量は200g(ゆで前)です。

こちらがA。

こちらは「かけラーメンB」。麺がAより多い300g(ゆで前)で、値段は480円です。

こちらがB。ビジュアルだけだと、違いがそれほどないような……。

改めてラーメンをチェックしてみると、かけそばにはたいてい入っているネギすらナシ!そのかわり刻みニンニクを入れることができ、一味唐辛子はデフォルトです。そして気になるのは、具材どころか、スープもみえないところ。もちろんスープはありますが、かなり少なめとなっています。

ちなみにオーダーの際は、店長さんから「ニンニク入れますか?」ときかれます。この言葉にピンときた人は、かなりのラーメン好き。このフレーズは、かの有名なラーメン店「ラーメン二郎」のオーダー時の決まり文句なのです。そして店長さん曰く、こちらのかけラーメンは“二郎系”だといいます。

1 2 3