ライフスタイル 知らないと恥をかく敬語の使い方|「とんでもございません」は正しい?

堅実女子の皆さんは、日々オフィスやいろんな場所で敬語を使うことがありますよね。

意外と間違った使い方をしていたり……この表現は正しいと思いますか?

「とんでもございません」

「とんでもございません」は敬語として正しい?

<こたえと解説>

「とんでもございません」は間違った敬語です。

たとえば褒められて「滅相もない」気持ちを伝えるとき、感謝されて「それほどのことはしていませんよ」という気持ちを伝えるときに、丁寧なつもりで「とんでもございません」と言ってはいませんか?

この言葉は、「とんでも」と「ない」を組み合わせた言葉ではなく、「とんでもない」で一つの形容詞なのです。つまり、「ない」だけを「ございません」と変えるのはNGです。これを敬語にするなら「とんでもないです」、もっと丁寧に表現したいなら「とんでもないことでございます」としましょう。

ただ、日本語は「生き物」で常に進化をしています。すでに平成19年(2007)2月文化審議会(文化庁)答申の『敬語の指針』では、相手からのほめ言葉に対して謙遜しながら軽く打ち消す表現として「とんでもございません(とんでもありません)」を使っても問題ないとされています。

敬語に詳しい人=敬語警察のような人がそばにいないなら、「とんでもございません」でも通ることが多いです。ただ「とんでもないです」「とんでもないことでございます」と言ったほうが美しい言葉を使える人だと思われるでしょう。

「とんでもない」の本来の意味は?

1 2