ライフスタイル クラフトビール好きのパラダイス誕生!ブルックリン・ブルワリーの世界初のフラッグショップ「B(ビー)」

クラフトビール人気の火付け薬、アメリカ・ニューヨーク州「ブルックリン・ブルワリー」の世界初のフラッグシップ店が、東京の中央区、日本橋兜町(かぶとちょう)にオープンしました。

「日本橋兜町」といえば日本の証券業界の代名詞。ニューヨークでいえばウォール街、ロンドンでいえばシティのような街なんです。カッコイイ!でも逆に、証券業界外の人にはあまり馴染みがないかもしれません。

そんな街の一角に、まさに東京証券取引所の目の前のビルの地下1階に、ブルックリン・ブルワリーのフラッグシップ「B(ビー)」はあります。ふだん訪れることのない証券街に「クラフト飲みに行くわ」というのも、かなり奥深い感じがいたします。

日本では「B」でしか飲めないビールがずらっと

ブルックリン・ブルワリーの「ビー」のカウンターは、四角いウッドスピースの組み合わせ。なんと6000個以上のピースが組み合わされ、そのひとつひとつが店のコンセプトである多様性を象徴しています。

おすすめはまず、ブルックリン・ブルワリーの代名詞「ブルックリンラガー」の生。それからここでしか飲めない日本未輸入のビール、「B」限定オリジナル・ビアカクテル、さらにワインのようなボトルに入った瓶内熟成させた特別なビールも。ちなみに生ビールは1パイント880円〜。

左から「ブルックリンラガー」「ソラチエース」「ベルエアサワー」「ペールエール」。

「B」限定のオリジナル・ビアカクテル。「ブルックリンベルエアサワー」をベースにフランボワーズ、ストロベリー、白ワインと合わせたバジルの香りがフルーティな「Organic Framboise & Basil」(左)。「ブルックリンソラチエース」をベースに、有機のジンジャーやミントで華やかな香りの「Organic Ginger & Mint」(右)。

上の写真にはありませんが、今ニューヨークで大人気の「ディフェンダーIPA」の生も飲めます。そのほか日本ではここでしか飲めない「ロジェ デ ヴィレ」「ブラウンエール」「イースト IPA」「ウィンターラガー」も見逃せません!

アメリカ直輸入のボトルビール。アルコール度は9%以上と高い。750mlで4500円。

クラフトファンとしてもっとも気になるのは、このワインのようなボトルたちではないでしょうか? 瓶内熟成させたビールです。たとえばアメリカのブルーボトル社とコラボレーションした「インテンシファイドコーヒーポーター」は、バニラのような香りと珈琲の深い香りただよう優雅な一杯です。

冷蔵庫の中に、ここでしか飲めないブルックリン・ブルワリーのビールがぎっしり〜。

アメリカ直輸入のオリジナルグッズも販売。

1 2