ライフスタイル 4月12日はイースター(復活祭)。家族や友人と楽しめる、おすすめイースター・スイーツ3つ

2020年の「イースター」は、4月12日(日)です。イースターとは、キリスト教の復活祭のことで、イギリスや米国ではクリスマスと並んで大切な日とされていて、日本でも徐々に知名度は上がってきましたよね。ということで今回は、春の訪れを感じられるイースタースイーツを集めました。どれもかわいくて食べるのがもったいないほど。スイーツで気分も盛り上げていきましょう。

ビックサイズでボリューム満点!イギリスのカカオブランド「ホテルショコラ」のイースターチョコ

イギリス全土に120以上の店舗があるカカオブランド「ホテルショコラ」では、イースターを象徴したユニークな限定アイテムを現在展開中です。

「ホテルショコラ」は2004年にロンドンで1号店をオープンし、日本国内では、2018年11月に1号店を、2019年11月1日には東京・表参道に初の路面店をオープンさせているカカオブランド。イースターでは、卵(復活の象徴)とウサギ(多産で、繁栄の象徴)を中心とした、かわいいデザインのチョコレートが取り扱われています。

「ロッキーロード トゥー キャラメル」5,000円(税込)。容量490g、サイズは縦16.5x横14.8x厚さ14.8(cm)とビックサイズ。

上の写真にある「ロッキーロード トゥー キャラメル」は、卵の殻の中にイースターバニーや、人気チョコレートを詰め合わせられたもの。なんと490gもあり、インパクトも大!みんなでシェアするのにおすすめですよ。他にも、本物の全粒粉パンを3Dスキャンにかけて型を取り、エッグサンドウィッチに見立てたというユニークなチョコレートも登場しています。すべての商品はホテルショコラの職人の手によるオリジナルデザインになっており、味も一流。ぜひ精巧に作られた作品を味わってみてください。

「カラマヨ エッグ サンドウィッチ」2,000円(税込)。3Dスキャンを使って作られたチョコレート。大き目のイギリスサイズのパッケージ入り。

開催期間:販売中 ※終了は未定
時間:店舗により異なる
場所:表参道店(東京都渋谷区神宮前5-16-13 SIX HARAJUKU TERRACE X棟)ほか
公式サイト:https://hotelchocolat.co.jp/

1 2 3