ライフスタイル 洗濯を快適にしてくれる!ダイソーの便利なランドリーグッズ5つ

外出自粛で「家族が家にいる時間が増えた」というご家庭も多いのではないでしょうか。そうなると、増えてしまうのが家事。特にリモートワークをしながらだと、集中をそいでしまうので面倒くさく感じてしまいがち。せめて毎日のルーティン家事は、快適にサクッとこなしたいですね。
そこで、洗濯まわりのことを快適にしてくれるダイソーの便利グッズをご紹介します。

1.シリコーンマルチブラシ

シリコーンマルチブラシ。

最初にご紹介するのは、部分洗いに便利なグッズ。洗濯板の逆バージョンともいえるシリコーンマルチブラシです。
使い方は、衣類を下に置き、洗剤などをつけ、このブラシで汚れのヒドイ部分をこすります。
シリコーンなので、引っ掛かりがよく、力を入れなくてもゴシゴシ洗いが可能。

中に指が入れられます。

汚れのひどい子どもの靴下や、Yシャツの襟、袖口の汚れは洗濯機に入れる前にゴシゴシしておくと、汚れの落ち具合が違います。
手で布地をゴシゴシしていると擦れて指が痛くなることがあるので、肌の弱い人はシリコーンマルチブラシを使ってみるといいかもしれませんよ。

2.シリコーン 油ひき

シリコーン 油ひき。

次にご紹介するのは、ゴシゴシこすっても落ちない汚れを、漂白剤を利用して真っ白にするときに便利なグッズ。
とくにこれから暖かくなるとシャツの襟、袖口は汚れが目立ち始めます。
そんな時便利なのが、この油ひき。

少ない量の油が塗れる便利グッズ。

このシリコーン油ひきは、本来少ない量の油が塗れる便利グッズです。たとえば、たこ焼き器に油を塗るときに、これを使えばとっても楽ちん。
しかしコレ、汚れのヒドイ部分に漂白剤を塗るときにも便利なんです!

漂白剤を入れて、汚れのひどい襟や袖口に塗れば、ドバっと出てしまうことも防げます

衣類にブラシ部分を押し付けると、ちょうどよい分量の漂白剤が出てきます。
本体を押せば、出てくる量を調整することもできますよ。
これがあれば、漂白剤をボトルから衣類にかけるときにドバっと出てしまうことを防げますね。

1 2 3