ライフスタイル 通帳、契約書からパスワードまで、財産管理に役立つ便利文具4つ

あなたは、まとまったお金が必要になったとき、どの口座から引き出したらいいのか、その通帳や書類はどこにあるのか把握していますか?
「そんなこと、知っているよ」と、皆が口をそろえて答えられるご家庭はスバラシイ!
しかし、パートナーの財産がどうなっているのかわからない、もしくは家計管理を1人に任せっきり、というご家庭も少なくありません。
外出自粛で家族が家にいることが多いこの時期、なかなか話し合うチャンスがなかった我が家の資産・財産について、まとめながら共有するのにいい機会かもしれません。
そこで、今回は財産をまとめるのに便利な文具をご紹介します。

1.自分まとめファイル(キングジム)

自分まとめファイル(キングジム) 4,800円(税別)

最初にご紹介するのは、大切なものをひとまとめにできる収納グッズ。
4月17日発売の「自分まとめファイル」は、印鑑やカギなどといった厚みがあってファイル収納がしにくいものも、まとめて収納できるところが特徴です。

ポケットファイルとフリーボックスの2冊で1セット。

構成は、ポケットファイルとフリーボックスの2冊で1セット。

5種類のポケットがあるポケットファイル。

1冊目のポケットファイルは通帳やカード、契約書などを収納できるファイルで、5種類のポケットを備えています。
契約書などの書類用A4ポケット、2段ポケット、診察券やカード類用カードポケット、通帳やキャッシュカード用通帳ポケット、領収書などのこまごまとした書類用チャック付きポケットがあり、収納するものに応じて使い分けられるようになっています。

ポケットの入り口部分には折り返しがあります。

そして、それぞれのポケットの入り口部分に折り返しがあり、ポケットにモノを入れやすく、端が鋭くないので手に優しいつくりになっています。

印鑑やカギなど厚みのあるものも収納できます。

2冊目のフリーボックスは印鑑やカギなどファイル収納しにくいものを整理できるボックスです。
ボックスの一角にはフタつきスペースも。
フタはカチッと閉まるので、立てて収納しても中身がバラバラと落ちるのを防いでくれます。

パスワードシート。

さらには、パスワードシートが2枚付属しています。シートはID/ユーザー名・メールアドレスとパスワードを記載する欄がありますが、パスワードを記載した部分だけ切り離し、それぞれを2つのボックスに分けて保管できるようになっています。
素材は紙ですが、かなりしっかりしたもの。耐久性も期待できそうな頑丈さです。
ファイル収納に適しているものと、そうでない厚みのあるものをまとめてスッキリ保存できる収納ボックスをお探しなら、ぜひチェックしてみてくださいね。

1 2 3