ライフスタイル 新型iPhoneSEはiPhone8のカバーが使える?ダイソー、セリアの便利なスマホグッズ5つ

リーズナブル価格で根強い人気だったiPhoneSEの第2世代、新型iPhoneSEがAppleStoreでは4月24日から販売開始となりました。ドコモ、au、ソフトバンクでは販売は5月11日からですが、現在予約がスタートしています。そこでハード部分はiPhone8と同じといわれている新型iPhoneSEが本当にiPhone8のケースにマッチするのかを検証しながら、100円ショップダイソー、セリアのスマホカバー、画面シートをご紹介します。

1.Wガード(ダイソー)

Wガード(ダイソー)。

最初にご紹介するのは、スマホ画面の保護シート。ダイソーのオリジナル商品です。
スマホを保護する肝となる衝撃吸収は、130gの鉄球を高さ150cmから落下させて検証済。
また、このWガードは衝撃吸収だけではなく、ブルーライトも約32%カットしてくれます。
さらには画面への貼りやすさもGOOD。

衝撃吸収、ブルーライト約32%カット。

位置決めさえきちんとできれば、接地面からスムーズに画面に吸着してくれる部分が広がり、気泡が入ってしまうこともありませんでした。
万が一気泡が入っても、上から押し出せばOKとのことなので、新しいスマホを購入する度に緊張する画面シート貼り作業も、ずいぶん楽になり、100円ショップのグッズと侮れない商品。iPhoneSEでも問題なく使えます。

2.ガラスコーティング液(セリア)

ガラスコーティング液(セリア)。

スマホを保護するものとして、塗るだけで全面保護してくれるというガラス用液体フイルムもあります。
フィルム液はナノ粒子酸化チタン(TiO2)、シリカナノ粒子(SiO2)。画面部分だけではなく裏面も含めて、スマホをまるっと保護してくれます。

塗って保護、ガラス用液体フイルム。

カバーをつけたくない人に、新しいスマホ保護グッズとして注目されている新しいカテゴリーの商品。しかしこちらの商品の強度は3Hで、市販されているものの多くが9Hであることから数字が低いところやや難点です。しかし硬度3Hの鉛筆程度のモノによる引っかき傷はカバーされ、また眼鏡や時計など、形を限らず使えるので、手軽な表面カバーグッズとしては使えそうです。

1 2 3