ライフスタイル テレワークでカラダはガタガタ! ホームオフィス改善のススメ

緊急事態宣言が出て以来、一気にテレワークをする人は増えました。家でデスクワークをするラクさや通勤からの解放感で、一瞬喜んだ人も多かったかもしれませんね。

ですが、長くテレワークをしているとデメリットも見えてきました。それはカラダの不調! 「あちこち痛い」「腰痛がヤバい」といった声が聞こえてきています。

そこで、今後テレワークが一般的になる可能性も踏まえ、ホームオフィス改善を助けるグッズをご紹介します。

テレワークはカラダに悪い?

コロナ禍以前、テレワークは特定の労働者だけに与えられる特権でした。今でも在宅勤務できない職種はありますが、「予想以上に在宅勤務は可能」とわかったことが、コロナ禍がもたらした収穫と言えるでしょう。

ところが憧れが現実になると、テレワークのデメリットも見えてきました。ここのところ、都内の整体院 ゆるりら 萬谷治療院には、平時以上にカラダの不調を訴える人が来院しているそうです。

  • 腰が限界
  • 肩や背中がバキバキ
  • 肘の痛み、腱鞘炎
  • 目の疲れ

など、カラダの痛みは全身に。

フリーランスならともかく、家に仕事場がある人はそれほど多くはないでしょう。カラダの不調は、ダイニングテーブルやローテーブルでパソコンを使ったデスクワークをしていることに原因があるようです。

平時に戻っても、今後テレワークをする機会は増えるでしょう。テレワークをするなら自宅に快適なホームオフィス環境を持つことは必須と言えます。

腰痛軽減にはサポートクッション

座る姿勢は、立っている姿勢の1.4倍の負担が腰にかかると言われています。猫背だったり、反り腰の姿勢だったりすると、さらに負担は増えます。

そこで、まず自宅で改善したいのは椅子です。ですが、腰の負担を軽減してくれる椅子はそれなりのお値段。

そこで、おすすめなのが椅子の上に置くだけで腰痛が改善されるクッションや座布団。低反発のもの、高反発のもの、骨盤矯正にフォーカスしたもの、作業療法士考案のものなど、種類豊富にあります。椅子を買い替える必要がないのは助かりますね。

これからの季節、特に気をつけたいのは「通気性」。長時間座っても蒸れないメッシュタイプなどを選ぶといいでしょう。

また、骨盤サポートの強いものは長時間座っているとキツく感じることもありますので、慎重に検討したいですね。

人気商品は、今回のテレワーク急増で品切れになっていることも。腰痛が悪化する前に、まずは手の届く範囲から試してみてください。

骨盤サポートクッションはプチプラで、ニトリやIKEAなどでも購入できる。(写真私物)

1 2