ライフスタイル ケンブリッジ大学は1年間オンライン講義に!コロナと教育に関する英語フレーズ

イギリスのケンブリッジ大学は、来年度(今年10月から来年9月まで)の講義を全てオンラインで行なうと発表しました。これはもちろん新型コロナウイルスの影響によるもので、状況が変われば少人数で対面式のクラスを行なう可能性があるとしています。今回は、新型コロナウイルスによるパンデミックによって各国が行なっている教育関連対策と、それにまつわる英語フレーズをご紹介します。

オンライン化が進む大学教育

イギリスでは、ケンブリッジ大学やマンチェスター大学が来年度の講義をすべてオンライン化すると発表しました。状況次第では対面式の少人数クラスを開催する可能性もあるとしているものの、基本的にはキャンパスに通わず、すべての講義をオンラインで行なうことになります。

All the lectures will be online-only until summer of 2021.(2021年の夏まですべての講義がオンラインで行なわれる)

対面式のクラスは英語で「face-to-face lectures」。ケンブリッジ大学では、今年3月から試験もすべてオンライン化されています。All the exams are being carried out virtually. (すべての試験はインターネット上で行なわれる)

パソコンとネット環境さえ整っていれば、どこでも学べる「オンライン授業」。

大学は小・中学校と異なり、自らの選択で自主的に学びに行く場所ですので、環境さえ整えておけば自ら勉強する意思のある学生は特に困らないでしょう。とはいえキャンパスライフを楽しめないのは、少し残念ですね。

アメリカではWi-Fiが十分でない地域にスクールバスが出向きWi-Fiを提供

アメリカでは、300万人の学生がWi-Fiが使えない環境にあると言われています。新型コロナウイルスのパンデミックにより自宅で学習を行なわなければならない状況においては、Wi-Fiがあるかないかで生徒の学習進度に差が出てくることは明らかです。そこで、Wi-Fiを装備したスクールバスが、アメリカの様々な地域でWi-Fiを提供するという試みが実施されました。スクールバスは同時に、生徒たちに食事を運ぶ役割も担っています。

School buses are delivering Wi-Fi hotspot to students who lack access. (スクールバスは、Wi-Fiへのアクセスがない学生のために回線を提供している)

学生が学校に行くことができない間、使われていないスクールバスを利用して学生のサポートする素晴らしいアイデアですよね。

1 2