ライフスタイル withコロナ時代の働き方!「温泉テレワーク」は想像以上の気分転換

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため推奨されているテレワーク。でも1か月、2か月と続くと「家以外で仕事したい!」と思いませんか?首都圏では各ホテルでテレワーク応援プランが登場しており、「集中力を高められる」と注目されています。

リフレッシュも兼ねてテレワークをしたいというひとにおすすめなのが、星野リゾートが全国に展開する小規模温泉旅館「界」の「温泉テレワーク」。環境を変えて仕事をしながら、温泉に癒されるユニークな取り組みです。今回は箱根にある「星野リゾート 界 仙石原」での、温泉テレワークをご紹介。想像以上の気分転換になります!

箱根の自然を感じながら。チェックイン前にテレワーク開始

100平米以上ある別館のサロンでテレワーク。

界 仙石原のチェックインは15:00〜ですが、筆者が到着したのはお昼すぎ。別館のサロンで早速、テレワークスタートです。界 仙石原では事前に連絡するとチェックイン前、チェックアウト後でも10:00〜17:00までこのサロンが無料で利用可能。

広々としたこのサロンは普段は開放しておらず、テレワーク利用のために開けてくれます。標高645mからの雄大な自然を眺めながら、100平米以上もある空間を独り占めできる贅沢……!ほかのひとがいたとしても、テラスまであるので密集することは決してありません。

風がそよぐ音、鳥のさえずりをBGMにして取り組むと、あっという間に2時間経過。マンネリしていた家での仕事と比べると、いかに自分が集中できたかがわかりました。

最高水準のコロナ対策で安心。客室でテレワーク

大きな窓つきの開放的な客室。

宿でテレワークをするときに気になるのがコロナ対策。星野リゾートでは最高水準の対策を宣言し、徹底した対策を行なっています。入館時はアルコール消毒、検温からスタート。そしてフロントではなく客室でチェックインを行ない、スタッフも可能な限り滞在時間を短くする工夫をしています。

無料Wi-Fiはサクサク。
コンセント・USBポートあり。

客室は本館・別館とさまざまなタイプがあり、事前に希望すれば高めのデスクがある客室を準備してもらえます(2室限定)。界 仙石原の客室にはアートが散りばめられ、インスピレーションが掻き立てられる空間です。

界 仙石原の魅力のひとつが、全室温泉露天風呂つき。そのため仕事をして、温泉に入って、仕事をして……なんてことも気軽にできますよ。

1 2 3