ライフスタイル 今年の七夕は会えるのか? 眠れない夜はひこぼしとおりひめを探そう!

7月2日の深夜2時半頃に関東上空に出現した大火球が話題になっていますね。 こんな大きな火球は本当にめずらしいこと。何かが始まるメッセージでしょうか!?夜空を見上げているとこんなラッキーもあるんです。眠れない夜はムリに寝ようとせず、 一度お布団から出てリラックスしてみるのもいいかも。ちょっと窓を開けて、夜空を見上げてみませんか? 

★スター1 満月に木星と土星の3点セット

7月の満月は5日です。月の出はまだ薄暮の残る19時16分、沈むのは夜明け前の4時7分です。満月を見ているのも楽しいですが、夜中になると木星、土星と次々と昇ってきてにぎやか。Zoom飲みに呼びたいくらいです。

月と木星と土星がひしめく7月6日の深夜。(画像:iステラ/アストロアーツ)

月と木星の最接近は7月5日の夜から6日の未明にかけて。木星は光度マイナス2.7と、かなりギラッとしています。

そして6日深夜から7日の明け方にかけては、今度は土星が月に大接近。土星は光度0.2で、木星にはかないませんが、派手好きなジュピターを斜め後ろから見守るサターンという間柄でしょうか。実は、この構図は6月の上旬にも見られました。でも、いつもこんなに近くにいるわけではありません。満月との豪華3点セット、お見逃しなく。

★スター2 七夕の深夜は、牽牛星と織女星を探してみよう

7月のスターといえば、ひこぼし(牽牛星)とおりひめ(織女星)でしょうか。

九州や本州では七夕は梅雨の真っ最中であることが多く、ひこぼしもおりひめも、ましてや天の川なんて見えないことが多いのですが、あきらめないで!それに今年は若干、空がキレイになっていますし。

真ん中の天の川をはさんで、左側(東側)の明るい星がひこぼし(牽牛星)、やや右上の明るい星が
おりひめ(織女星)です。

天の川に隔てられたひこぼし、おりひめ。一年に一度、天の川を渡って会うことを許されているのですが、2つの星の間は15光年離れています。15光年とは、光速で15年かかる距離という意味です。なので、ひこぼしとおりひめが会えるのはがんばっても15年に1度。帰るのにも15年かかりますから、次に会えるのは30年後……。七夕伝説には複数のバリエーションがありますが、2人が夫婦だというバージョンもあり、別居どころでは済みません。

1 2