ライフスタイル 大自然のなかで距離を保ちつつ深呼吸!Sport&DoResortリソルの森・新グランピングエリアでリラックス

まるでスイスのよう!リソルの森・グランヴォー スパ ヴィレッジオープン

2020年7月1日(水)、千葉・長柄町にある「Sport & Do Resort リソルの森」の新グランピングエリア「グランヴォー スパ ヴィレッジ」がオープンしました!2020年4月1日に一度開業したものの、新型コロナウィルス感染防止のためすぐに臨時休業に入ってしまい、満を持しての開業となります。

オープン記念式典・テープカットセレモニー。

オープンを祝い7月1日にオープン記念式典が開かれ、リソル生命の森株式会社 代表取締役総支配人 佐野 直人氏、長柄町長 清田 勝利氏、スイス大使館 駐日スイス特命全権大使 ジャン=フランソワ・パロ氏の挨拶とテープカットセレモニーが行なわれました。

スイスの民族楽器・アルプホルンの演奏。

1971年にスイスへ昭和天皇が訪問したことをきっかけに、1979年長柄町とスイスのグランヴォー町は姉妹都市協定を締結。そのためリソルの森にはスイスにちなんだものが散りばめられ、記念式典ではスイスの民族楽器・アルプホルンの演奏が奏でられました。今回の新グランピングエリアの「グランヴォー」はグランヴォー町からきています。ジャン=フランソワ・パロ氏はスピーチで「ここはまるでスイスのようだ!」と絶賛。スイスのように自然豊かな空間で、森そのものを楽しめます。

テントに泊まる?コテージに泊まる?選べるお部屋

グランピングエリアは約13,000坪。

今回オープンしたグランヴォー スパ ヴィレッジはとても広々とした敷地で、宿泊棟・温泉・ガーデン・プールなど宿泊者は好きな場所で自由気ままに過ごせます。

テントの中とは思えないラグジュアリーな空間!

宿泊棟は3つのエリアに分かれ、グランピングエリアはテントキャビンとグランピング ヴィラの2つのタイプに宿泊可能。テントキャビンはまるで秘密基地のようなフォトジェニックな空間!写真好き女子ならここで決まりです。

シャワーコテージには洗濯機・自動販売機もあり。

テント近くにはシャワーコテージがあり、シャワー・トイレは万全。テント初心者も安心して過ごせますよ。

別荘のように快適に過ごせるテラスハウス。

テラスハウスエリアは、別荘レベルの庭つきテラスハウスに宿泊可能。トイレ・バスつきの木のぬくもりを感じる客室で、大きなテラス「アウトドアリビング」から美しい森を独り占めできます。お庭では千葉若潮牛や勝浦で獲れた房総の魚介でBBQも!グランヴォー スパ ヴィレッジの宿泊者は、何も自分で用意せずBBQができちゃいます。

最大6名まで宿泊可能なグランテラス。

グランテラスエリアは、長期滞在者向けのグランテラスに宿泊可能。トイレ・バスはもちろんのこと、キッチン、リビングルームまであるとても広い客室。最大6名まで宿泊でき、森の中で暮らすような滞在が叶います。

グランテラスのキッチンには家電が充実。
1 2