ライフスタイル 野菜は冷蔵庫の野菜室に入れておけばOKは、大間違い?冷蔵庫を上手に活用する方法

堅実女子の皆さん、暑い時期はスーパーで野菜を買って帰ってきたら、とりあえず冷蔵庫に入れておけばいいと思っていませんか?それ、大間違いです!野菜室と名前があるので、野菜は野菜室に入れるものと思いがちですが、野菜によっては通常の冷蔵室に保存した方が長持ちするものもあるそうです。『食品ロスをなくして節約!野菜が長持ち&使い切るコツ、教えます!』の著者で料理研究家・食品ロス削減アドバイザーの島本美由紀さんに、冷蔵庫の効果的な活用方法を教えていただきました。

場所ごとに温度が違う冷蔵庫

冷蔵庫内のそれぞれの野菜に適した場所に保存する。

とりあえず冷蔵庫という考えはNG、という島本さん。

「冷蔵庫は、冷蔵室、冷凍室、チルド室、野菜室と、それぞれ設定されている温度が違うんです。位置や設定温度は機種やメーカーで多少違ってきますが、野菜によっておすすめの保存場所があります」(島本さん)

まず各場所の温度を確認しておきましょう。

・冷蔵室 3~6℃
すぐ使うもの、よく使うものを保存。上段より下段、手前より奥が1~2℃低い。

・ドアポケット 冷蔵室よりやや高め
冷気が届きにくく、ドアの開閉による温度変化もあるため、冷蔵室よりやや高めの温度。調味料や飲み物など、温度変化に強い食品保存がおすすめ。

・チルド室 0~2℃
冷蔵室より低温が維持され、鮮度保持効果も高く、扉のおかげで冷気も逃げにくいため、生鮮食品の保存に適している。

・野菜室 6~8℃
冷蔵庫に比べ少し温度と湿度が高めになり、野菜、果物全般を保存しておく場所。冷気が流れ、乾燥はするため保存袋などを使用して野菜を保存する。

・冷凍室 -18~20℃
食材を冷凍して長期保存する場所。

冷凍と冷蔵だけでなく、ドアポケットや冷蔵庫内の場所によって違う温度も意識して保存したいですね。

1 2 3