ライフスタイル 8割以上は知らない!?ピーナッツバターとピーナッツクリームの違い、わかりますか?

美容や健康意識が高い堅実女子で、好んで食べている人も多いピーナッツ。小腹を満たすこともできてうれしい存在ですよね。簡単に手に入れられることも大きなポイントです。
今回は、普段、何気なく口にしているピーナッツの秘密をアメリカンピーナッツ協会が発表した内容をもとに紹介していきます。

一口で小腹を満たせるのもピーナッツの魅力。

ピーナッツの魅力って?

美容やダイエットの効果を期待して口にする人が多いピーナッツ。実際のところ具体的にどんなことを期待できるのでしょう。本発表では、佐藤秀美先生(植物学 学術博士)のコメントを紹介しています。

「ピーナッツは低GI値の食品なので、糖質の吸収がおだやかで、食後の血糖値上昇をゆるやかにしてくれます。血糖値の変動幅は、小さいほど体脂肪になりにくいといわれています。さらに、セカンドミール効果といって、ピーナッツを食べた食事だけでなく、その次の食後の血糖値上昇を抑える働きも期待できます」

「ピーナッツは、皮膚や粘膜の健康維持に必要なナイアシンや、抗酸化作用が期待できるビタミンE、茶色い薄皮にはレスベラトロールと呼ばれるポリフェノールを多く含んでいます。ピーナッツに含まれる脂質の半分はオレイン酸と呼ばれるオリーブオイルなどに含まれる良質な脂質です」

あの小さな一粒に、様々な効果を期待できるのですね!
といっても食べ過ぎは禁物。粒ならば手のひら1杯分(約30グラム)、ピーナッツバターならば大さじ1杯半が1日の摂取目安とのことです。

1 2