ライフスタイル 世直しスタイリストが伝授!幸せな人生が手に入る「婚活コーデ」

外出自粛でオシャレから遠ざかっていたけれど、最近、にわかにオシャレ熱が盛り上がってきたという人が急増中。でも、久しぶりすぎるから、買ったアイテムがイマイチ微妙……ってことはありませんか?そこで、“世直しスタイリスト”として、『マツコ会議』(NTV)や『ノーナレ~ジブン着せ替え~』(NHK)でも話題になり、1万人以上のパーソナルスタイリングを手掛けてきた霜鳥まき子さんが、大人の“おしゃれ迷子”さんに、オシャレのコツを徹底レクチャー。「基本編」「ファストファッション活用編」「婚活編」の3回に分けて紹介します。

霜鳥さんの最新著書。

『世直しスタイリスト・霜鳥まき子の 得する黒 損する黒』 1100円 小学館
黒のワードローブをテーマに「得する着こなし方&損する着こなし方」をレクチャー。同じ黒でもコーディネート次第でまるで別人に! オシャレのコツが簡単にわかる本。

婚活に「黒」はアリ?ナシ?

『世直しスタイリスト・霜鳥まき子の 得する黒 損する黒』(小学館)の著書で知られるスタイリスト・霜鳥まき子さんに、アラサー以上のファッション術を伺います。第3回目は幸せな結婚生活を手にするための、ファッション活用術です。第1回目はコチラ。第2回目はコチラ

今回、「黒」をテーマにお話を伺っていますが、堅実女子には、婚活中の人も多いです。婚活に合う黒の服はあるのでしょうか。

「私は、婚活の学校でスタイリングアドバイスを担当していたことがあります。結論から言うと、婚活の初期段階で黒はおすすめしません。婚活は、初対面同士が相手を品定めする場でもあるので、そこで引っかかりがなければ、永久にその先はないのです。そのためには、異性ウケする要素を服の中に盛り込まねばなりません。異性好みの“肌映え”を実現するなら、ピンクや白などがよいでしょう。ただ、黒は堅実な雰囲気を出してくれるので、靴、バッグなどは黒にするのもよいですよ」

なんと霜鳥さんは、婚活男子のスタイリングも担当しているとか。

「私のクライアントは、男性が3割ほどいますので、彼らの気持ちもわかります。女性には、短期決戦のためのツールだと思って異性ウケ服を着なさい、とアドバイスしています。ただ、私はテンプレに則った服ではなく、その人に似あう服を提案していますので、婚活が終わってからも着てくださる方もいてうれしいです」

ぶっちゃけ、男性は女性にどんな服を着てほしいのでしょうか。

「定番の服、定番のファッションです。デコルテ(首)、手首、足首の“三首”を出しており、ひらひらしたフリルの服、揺れるアクセサリーは、男心を刺激します。それはなぜか。ないものねだりだからです。男性が絶対に着られない服を着た女性がやってくるとテンションが上がるそうです」

やっぱりそうなんですね……プリーツのスカートが風になびく姿に、心ときめく男性も多いって聞きますもんね。

「特にキャリア女性は、そういう服を受け入れがたいし、自分が買いに行くのが恥ずかしいとおっしゃいます。だから、いっそのこと、いつもは買わないブランドで全身コーディネートすることを考えています。ただ、20代向けのモテファッションのブランドはハイウエストだったり、フリルなどのあしらいが甘すぎることが多く、アラサー以上は避けた方が無難です」

婚活コーデは年齢にふさわしいものを。若作りだと「痛い人」に見られてしまう。
1 2