ライフスタイル “花火”で夏の思い出を。オンラインやプラネタリウム上映、新しい花火の楽しみ方をご提案♪

夏の楽しみである夏祭りや花火大会が、コロナ禍の影響で軒並み中止となっている今年。仕方ない……、と思っていても、今年の夏は今年しか楽しめないのですよ!中止になったのであれば、別の楽しみ方を探せばいいのです!ということで、今回はオンラインやプラネタリウムで楽しめる進化系花火大会をご紹介します。新しい花火大会を体験して、コロナ禍で蓄積されたストレスを発散させましょう。

花火師しか体験できない「花火の真下」は圧巻の美しさ。花火のプラネタリウム上映

東京の花火業者である丸玉屋が制作したプラネタリウム番組「ハナビリウム~花火って、なんであるの?」が、全国14か所のプラネタリウムで8月より順次一般上映されています。こちらでは、360度実写映像による圧倒的な花火鑑賞と、花火に込められた大切な物語を体験することができるんですよ。

花火師しか体験できない「花火の真下」の世界を見ることができます。(c)丸玉屋

花火の上映は、丸玉屋が花火と同じように「空を見上げる」プラネタリウムで、保安上花火師しか体験できない「花火の真下」の美しい世界を見てほしいと、10年にわたる試行錯誤の末に、昨年完成されたもの。360度全方位プラネタリウムでの観覧を想定してデザインされ、実際に打ち揚げられたおよそ5,000発もの花火実写映像を鑑賞することができます。また、これまであまり知られることのなかった花火の歴史や文化にも焦点をあて、CGアニメーションを通して花火界初のフルドーム教育映像作品も合わせて楽しむことができますよ。各館はしっかりとコロナ対策として人数の制限などを行なっています。夏の風物詩である花火大会が軒並み中止となっている今だからこそ、新たな花火の楽しみ方を体験してみてはいかがでしょうか。

花火の真下の世界。(c)丸玉屋

開催日:~2020年9月13日(東京都東大和市・東大和市立郷土博物館)/2020年8月8日~再上映(東京都多摩市・ベネッセ・スター・ドーム)他 ※状況により変動あり
場所:全国各地14館のプラネタリウム、ドーム施設 ※7月30日現在
料金:会場により異なる
公式サイト:https://www.hanabirium.com/

1 2 3