ライフスタイル 今年もやって来ます!ペルセウス座流星群、見頃はいつ?

いつもと違うお盆休みを迎えている方も多いことでしょう。どこにも行けな〜い!とダダこねている方もいることでしょう。でも夜空には、毎年恒例のイベントがやってきます。不安な夜も、さびしい夜も、夜空を見上げればそこにいつものお星さま。いつもと違う星もあるかもしれませんよ〜。

スター1★ペルセウス座流星群のピークは8月12日深夜から13日未明

真夏の夜恒例の天体ショーとして有名なのが3大流星群のひとつ、ペルセウス座流星群です。ちなみにあとの2つは1月に見られるしぶんぎ座流星群、12月に見られるふたご座流星群です。

見頃は12日の夜22時過ぎから13日の未明にかけてです。今年は22時ごろにもっとも活動が活発になると予想されていますが、まだ緯度が低くて見えにくいでしょう。日付が13日に変わるころにはだいぶ高く上がってきます。ただ、月も昇ってきてしまうので、ちょっと見にくくなってしまうでしょう。いつもは見るのが楽しい月ですが、流星群のある日はちょっとうらめしい明るさですね。

8月13日午前3時ごろの夜空。ペルセウス座とカシオペア座の間くらいが流星の放射点ですが、あちこちから飛びますので、北東の空を見上げているといいでしょう。(画像:国立天文台)

流星群というと、流星がビュンビュン流れるようなイメージがあるかもしれませんが、観測条件が良好な場所でも1分に数個。町中では1時間に数個は見られる程度と言われています。でも、町中で複数の流星が見られるのは、やっぱり流星群が訪れた時しかありません。この日は、眠くなるまでのんびり空を見上げていてもいいですね!

ところで、ペルセウス座というのは秋の星座に数えられますが、この季節になると、夜中に東から昇ってきます。

ペルセウスはギリシャ神話に出てくる勇士です。メドゥーサという化けもの女を退治した後の帰り道、今度は化けものクジラに襲われているアンドロメダ姫を見つけて急遽、救出。そのときの勇ましい姿が星座の形に表れています。

右腕で剣を振り上げ、左腕に化け女メドゥーサの首を抱えた勇士ペルセウスです。ギリシャ神話には化け物もたくさん出てきます。(画像:iステラ/アストロアーツ)
1 2