ライフスタイル 「グランスタ東京」で、ぜひ立ち寄りたいレストランおすすめ6つ

今までにないエキナカ空間で新たな出会いを、と2020年8月3日に開業した「グランスタ東京」。1階、地下1階にわたり全153店舗もあり、ぜひ立ち寄りたいのが飲食店です。東京駅らしいものから、「これがエキナカで!」と驚かされるものなど、おすすめを6つご紹介します。

1.STATION RESTAURANT THE CENTRAL

食堂車が再現された「STATION RESTAURANT THE CENTRAL」 。

食堂車を再現したという「STATION RESTAURANT THE CENTRAL」は、鉄道をテーマにしたレストランです。食堂車、ロビーカー、コンパートメント、テラスと4つの異なるゾーンで構成され、往年の鉄道ファンも虜になりそう。

食堂長自慢のスペシャルハヤシライス 2,200円(税込) 。

食堂車時代から80余年の歴史と伝統を伝承し、独自の製法で進化させたデミグラスソースを使用した「食堂長自慢のスペシャルハヤシライス」など、懐かしく、また新しい洋食が楽しめるレストラン。食堂車時代のメニューなども展示され、さながら博物館。鉄道ファンにはたまりませんね。列車の旅をしているような気分でお料理がいただけます。

2.東洋軒 東京ステーション

「東洋軒 東京ステーション」 。

明治22年創業の西洋料理「東洋軒」は、現在は三重県に本店を構え、明治期には宮内省(※昭和22年まで存在した官庁名)御用達として名声を残しています。また、東京駅や国会議事堂の竣工パーティーを請け負うなど、華々しい歴史が店内のインテリアでも紹介されています。

松坂牛を使用したロイヤルブラックカレー 3,080円(税込) 。

松坂牛を使用したロイヤルブラックカレーや松阪牛ステーキ、伊勢湾産の伊勢海老や鮑を使用した西洋料理がエキナカで堪能できます。テイクアウトメニューもあるので、お土産にもおすすめです。

1 2 3