ライフスタイル コロナ禍でプチ移住のニーズが急増中!遊びながら働ける、新たなライフスタイルとは?

新型コロナウイルスにより、私たちの生活は大きく変わってしまいました。その影響がこれからどこまで続くのか、そして完全に戻るのか?現段階では誰にもわかりません。
とはいえコロナ禍による生活の変化は、すべて悪いことだけではありません。そのうちの1つは、政府が必死に推進していた働き方改革が一気に進んだこと。緊急事態宣言によってリモートワークが定着し、毎日決まった時間に都市部の会社へ出勤する当たり前のライフスタイルが、だんだん崩れつつあります。

サブスク型定額制住宅サービス「HafH」の登録者数は10倍増に

今やパソコンと通信環境さえあれば、どこにいても仕事をすることができます。そうなると大都市に住む必要はなく、自然あふれる地方でもまったく問題がないのです。しかも新型コロナウイルスのリスクを考えても、人の多い都市部にいるより確実に安全。そんな背景から、現在移住に対する関心がかなり高まっているのです。

例えば2019年より国内外のさまざまな提携拠点で住み放題となるサブスク型の定額制住居サービスを展開する「HafH」では、7月の登録者数がコロナ以前の10倍に増加。移住・関係人口促進のためのマッチングサービス『SMOUT』でも6月の新規登録者が4月比で2倍以上増加し、そのうちの48.3%は一都三県の首都圏在住者だったそうです。

6月の新規登録者のうち48.3%が一都三県の首都圏在住者ですが、そのうち半数以上の26.9%が東京在住者だそうです。

しかしいくらリモートワークが普及しているとはいえ、普通のビジネスパーソンがいきなり都市部での生活を完全に捨て、土地勘もない地方に完全移住するのはかなりハードルが高いと思います。一体どこでどうやって移住すればいいのか分からないし、生活拠点を完全に移すのは、不安も大きい。さらに現状としてはまだ完全な100%テレワークを認められている企業は少ないので、週に何度かは通勤が必要という人がほとんどではないでしょうか?
そこで数年前より注目されているのが、デュアルライフと呼ばれる二拠点生活。拠点を都市部に残したまま、週末や長期休暇に地方で生活する新しいライフスタイルです。別宅を契約したり購入するのはかなりお金がかかりそうですが、近年は前述の「HafH」や、同じく国内でサブスク型の定額制住居サービスを展開する「ADDress」が登場。ADDressでは何日でも住み放題で月額4万円から、HafHでは 月に2日利用で3000円から1ヶ月制限なしで8万2000円まで、日本中に点在する提携施設(HafHは海外にも拠点あり)でプチ移住をすることが可能です。

1 2