ライフスタイル 真夏の日中に窓開け換気をするときはエアコンつけっぱなしが正解!こまめにオンオフした時との差は驚きの結果に!

暑さ対策と感染症対策の両立が必要となる今年の夏。換気のためには定期的に窓を開ける必要がありますが、その際には外の気温の高い空気が入ってきてしまいます。エアコンを稼働したままだとエアコンの負担も大きくなって電気代も気になりますが、果たしてエアコンは一度消したほうが経済的なのか?それともつけたままがいいのか、気になりませんか?

30分に1度5分換気すると、エアコンの消費電力は約40円アップ!

今回ご紹介するのはダイキン工業株式会社が実施した、真夏の日中にリビングの窓開け換気をした場合の、エアコン運転に関する調査。まず、真夏の日中にエアコンをつけっぱなしの状態で窓開け換気をした場合と、窓開け換気をしない場合の消費電力量を調査しました。なお時間帯は7:00~19:00、換気は30分に1回、5分間実施。その結果は次の通りです。

暑さがそれほど厳しくない朝の時間帯は、窓を開けてもそれほど消費電力が上がらないことにも注目です。

窓開け換気をせず、真夏に日中12時間エアコンをつけっぱなしにした時の消費電力量は4.02kWhで、電気代は108.5円。一方、窓開け換気をすると消費電力量は5.52kWhと増えて電気代は149.0円となりました。その差は40.5円となりますが、それでも感染防止のために換気は必要です。そのためにもできるだけ消費電力をおさえた効果的な方法で、エアコンを運転することが重要となりそうです。

実験での冷房設定温度は26度だそうです。
1 2