ライフスタイル 秋の夜は、空高く駆ける天馬ペガススを探してみよう

暦の上では秋に入りましたが、しばらく暑い日が続きそうです。寝苦しい夜を過ごしている方も多いのでは?夜空を見上げれば、秋の星たちが少しひんやりとした風を運んでくれるかもしれません。

スター1★大きな四角形が目印のペガスス座

9月の星空です。中旬になってもまだ夏の大三角形が中央に陣取っていますね。「夏の大三角形」、もう覚えてもらえましたか? 

9月中旬、20時頃の星空。夏と秋の星座が入れ替え中。(画像:国立天文台)

秋の星座のなかで、カシオペア座と並んで有名なのがペガスス座です(ペガサス、ペーガススという呼び方もされますが、ここではペガススにします)。

9月夜半過ぎにペガスス座がほぼ真上に上がってきます。(画像:iステラ/アストロアーツ)

23時ぐらいになると、ペガスス座が真上近くに昇ってきます。目印は、ほぼ同じ明るさの4つの星です。一番明るい星で2等星ですが、まわりに明るい星がないので、比較的、見つけやすいでしょう。日本では「枡形(ますがた)星」と呼ばれていたそうです。

この4つを結んだ形が「秋の四辺形」と呼ばれています。冬、春、夏は、明るく目立つ3つの星を結ぶ「大三角形」が夜空を飾りますが、秋はそれがありません。目立つ明るい星が3つもないからです。

でも、ペガススはとっても有名!ペガススの翼、ペガサスの朝、ペガサスの少女、ペガスス学習塾……などなど、領域を問わず人気です。

あべのハルカスの近くにもペガススが。なぜ?

ペガススは翼を持つ天馬です。想像上の生き物ということで、一角獣(ユニコーン)と混同されることもありますが、馬です。ギリシャ神話生まれの由緒ある星座です。

ギリシャ神話によると、メドゥーサという化け物女が勇者ペルセウスに首を切られたとき、そのほとばしる血から生まれたという血なまぐさい馬です。勇者ペルセウスはその後、ペガススに乗って大活躍したのだとか。ペガスス自身も星座になって空に上げられ、奉られたわけですが、一年中、ペルセウス座の近くで天を駆ける運命となりました。お疲れさまです。

1 2