ライフスタイル 9月下旬の眠れない夜は、南の空に「化け物くじら」を探してみよう

夜はだいぶ涼しくなってきました。熱帯夜ともさようなら。それでも眠れない夜はある……、そんなときは空を見上げてみましょう。秋の星空は化け物屋敷のようで楽しいですよ! 

スター1★ひときわ目立つ木星と土星のランデブー

今月も木星と土星がつかず離れずの共演で、目を楽しませてくれます。下旬には夕方に昇ってきて夜更けに沈みます。そこに上弦の月が絡んできます。25日には木星に最接近していますね。

9月下旬、月が木星と土星に接近していきます。最接近は25〜26日。(画像:国立天文台)

25日には木星は23時半頃、土星は0時過ぎに沈みます。2つの惑星に「お先にお休みなさい」を言ってベッドに入ると、いい夢が見られるかもしれません。

スター2★夜中1時にオリオンの三つ星は昇ってくる

夜中の1時になっても眠れないときは、もう一回、星空を眺めましょう。東の方を見てください。東の空、低めのところ、3つの星が縦に並んでいませんか? オリオン座の三つ星です。

三つ星はオリオンのベルトの部分。真ん中のアルニウムという名の星は「真珠の帯」という意味です。(画像:iステラ/アストロアーツ)

冬の王者オリオン座ですが、この時期の真夜中に東の空に昇る三つ星は、冬場とは違う風情があります。秋のひっそりした夜空に、ちょっとお邪魔します的な遠慮深さも感じられます。

三つ星は本当によく目立つので、オリオンの形がわからなくても見つけられると思います。三つ星が見つかれば、その少し東寄りに赤い1等星ベテルギウス、西寄りには青い1等星リゲルが見つかるはずです。そしてオリオンが棍棒を振りかざしながら見つめ合っているのは、おうし座です。オレンジ色っぽく見える星は、おうし座の目玉で1等星のアルデバランです。冬のギラギラした季節に、またご案内しましょう。

1 2