ライフスタイル 「置き換えダイエット」vs「糖質制限ダイエット」、効率的に痩せられるのはどちらか?

糖質制限ダイエットと比較すると、どちらが効率的?

続いて調査したのは、ダイエットに取り組んだ期間。一番多かったのは「1か月以上3か月未満」で、全体の56.0%を占める224名が該当しています。それに続くのは「3か月以上5か月未満」で83名(20.8%)。1か月未満しか続けなかった人は、わずか7.5%(30人)となっており、まずは少なくとも最低1か月以上は続ける必要があるようです。

しかし気になるのは、1か月以上続けたことによる置き換えダイエットによる減量効果。同調査によると、減った体重の結果は次の通りとなりました。

中には9㎏以上落としたツワモノもいますが、リバウンドも心配です。

一番多かったのは「1kg以上3kg未満」で164名(41.0%)。それに続くのは「3kg以上5kg未満」で119名(29.8%)となっています。同調査によると、置き換えダイエットによって減った体重の平均は3.0kgだそうです。

1か月以上続けた置き換えダイエットで、平均減量体重は3.0kg。これは果たして効率的なのでしょうか?同調査では過去に糖質制限ダイエットをしている人400人を対象に同様のアンケート調査を行なったそうですが、こちらで一番多かった実施期間は「3か月以上5か月未満」。そして減った体重の平均は4.3kgだったそうです。減った体重だけ見ると糖質制限のほうが減った体重は多くなっていますが、取り組んだ期間は微妙に長いのがポイント。どちらが効果的と感じるかは、人によるところも大きいかもしれません。ただ同調査によると、「目標の体重や体脂肪が達成できた割合」を比較した場合、置き換えダイエットでは42.8%が「達成できた」と回答。一方、糖質制限ダイエットでは53.3%と、若干上回っていることが分かりました。この数値を比較すると、糖質制限ダイエットのほうが達成感がある傾向にあるといえそうです。

【調査概要】
調査時期:2020年9月(糖質制限ダイエットの調査は同年8月実施)
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
本アンケート対象者:置き換えダイエットおよび糖質制限ダイエット経験者男女400人

1 2