ライフスタイル ムーミンは今年生誕75周年!展覧会、イベント、グッズが盛り上がっています

今年は、ムーミンの最初の小説『小さなトロールと大きな洪水』(1945年)の出版から75年。日本のファンも多いキャラクターですが、今年はいつもの年以上にイベントやグッズが展開されていますよ。

松屋銀座では、ムーミン75周年を記念して、ムーミン コミックス展が開催中です。

日本初公開の原画もたくさん

ムーミンは、トーベ・ヤンソンによる小説シリーズの他に、トーベと弟のラルス・ヤンソンが手掛けた連載マンガも長く愛されています。ムーミンコミックスは、1954年からイギリスの「イブニング・ニューズ」紙で連載が始まり、この成功がムーミンの世界的な人気に火を付けました。

トーベ・ヤンソン『まいごの火星人』スケッチ。トーベの描く様々なキャラクターは、みな表情が豊かで愛らしい。
トーベ・ヤンソンとラルス・ヤンソン。
トーベ・ヤンソン『黄金のしっぽ』習作。

トーベは資料の収集や翻訳などで弟ラルスの協力を得て、1959年までムーミンコミックスを手掛けます。トーベが多忙を極めるようになると、60年からはラルス一人でコミックスを引き継ぎ、75年までの15年間連載を続けました。

今回の展覧会では、トーベによるキャラクター設定やスケッチなどを紹介すると共に、ラルスによるムーミンコミックスにも焦点が当てられています。ムーミンコミックス最終話となった第73話など、ラルス直筆の原画も間近で堪能できますよ。日本初公開となるのはなんと、約280余点。ムーミンコミックスの世界に浸ってみませんか?

ラルス・ヤンソン『MOOMIN AND TEN PIGGY BANKS』原画。ムーミンコミックスは、コマ割りの枠線にもかわいい工夫がたくさん。ぜひ注目してみて。
展覧会会場の入口には、コミックスの冒頭に必ず描かれるムーミンのお尻のカットが大集合!

展覧会オリジナル商品も見逃せない

展覧会会場に併設されたグッズコーナーでは、オリジナル商品も販売されています。

コミックスに描かれたポップなムーミンたちは、グッズと相性抜群。ついつい大人買いしてしまいそうなほど充実したグッズコーナーで、買い物のお楽しみもたっぷり味わってくださいね。

コミックスの吹き出しやコマを生かした、かわいいぷくぷく立体シール各660円(税込み)。
キャラクターのとぼけた表情がなんとも愛らしいアクリルキーホルダー各1045円(税込み)。
お菓子やパンの袋に留めたら、普段の生活が楽しくなりそう。木のピンチ3個セット。各495円(税込み)

ムーミン75周年記念「ムーミン コミックス展」
会 期: 開催中〜10月12日(月)
時間:午前10時~午後8時
※9/27(日)、10/4(日)、11(日)は午後7時30分・最終日は午後5時閉場。入場は閉場の30分前まで。
会 場:松屋銀座8階イべントスクエア(中央区銀座3-6-1)
入 場 料:期日指定制/一般1200円
※入場券の入手方法は展覧会HPでご確認ください。https://moomin-comics.jp/schedule/
問い合わせ先:03-3567-1211(松屋大代表)


1 2