ライフスタイル 渋谷にご当地ビール「渋生」が誕生! 期間限定テイクアウトメニューも!

JR渋谷西口と渋谷フクラスをつなぐ「渋谷フクラスへの接続歩行者デッキ」が9月26日に開通。これを記念して、西口を盛り上げるさまざまなイベントが開催されます。その第1弾は、渋谷ご当地クラフトビール「渋生」の発売イベントです。

ありそうでなかった渋谷のご当地ビール

渋谷限定のクラフトビールがついに誕生しました。渋谷区観光協会公認ビール「渋生」(しぶなま)YEAST DIVERSITY ALEです。

渋谷らしいダイバーシティ&インクルージョンを表現するビールがほしい……そんな希望を込めて、醸造をオファーしたのは埼玉県川越市の協同商事コエドブルワリーです。川越の紅芋を副原料に使ったビールで有名なクラフトビール醸造所です。

渋谷エリアの地区限定発売。渋谷区内で瓶の小売りもあります。333ml入り390円。税抜き)

「コエドさんは地元の特産品を副原料に使ったビールをつくり、ビールで町を盛り上げるパイオニアです。そんなコエドさんにぜひ、渋谷を活性化させるビールを、とお願いしました」(渋生プロジェクトに参画した合同会社TNZQの五十嵐糸さん)。

それにしても渋谷の特産品って何?あらためて考えると、無いんですね、これが。おいしい水も、イチゴやメロンといった農作物も、もちろんありません。しかし渋谷といえば、国を問わず、性別を問わず、年齢も問わない、世界中からたくさんの人が訪れる街(今年はコロナの影響でたくさんはムリですが)。

「渋生、もう飲んだ?」って聞いてみよう!

その多様性こそ渋谷の特産ということで、“ダイバーシティ&インクルージョン”がコンセプトになりました。最近よく企業の説明会などに出てくる“ダイバーシティ&インクルージョン”とは、多様性の包容・受容といった意味合いです。

これを表現するために、協同商事コエドブルワリーの朝霧重治社長は「3種の酵母」を使用したビール造りに挑戦。なんと、ビール酵母、日本酒の酵母、ワインの酵母、3つの酵母をミックスしたのです。

「3つの酵母が織りなす複雑な味わい……、日本酒のまろやかな酸味、ワインのフルーティーで華やかな香り、ホップ由来のビール特有の苦みを楽しんでいただきたいと思います。麦も大麦だけでなく、小麦も使っています。ビールの面白いところは、いろんなものを組み合わせることで個性が出る、複雑な味わいが出せることです。そして大事なのはバランスです。複雑で多様で、そしてもちろんおいしいビールに仕上げました」と、朝霧社長は語ります。

協同商事コエドブルワリーの朝霧重治社長。
ラベル
ハチ公、モアイ像、銀座線、渋谷名物がてんこ盛りのラベルもステキです。
1 2