ライフスタイル 今年のハロウィンはどうする?ホテルの大人かわいいアフタヌーンティーを激推し!

主の消えたゴシック洋館のパーティーをイメージした、アフタヌーンティー

今年のハロウィンは街中でのイベントもなかなかできず、ホムパも厳しそう……そんな堅実女子の皆さんに、ホテルのハロウィンイベントをご紹介します。

美味しくて、見目麗しいスイーツが人気のコンラッド東京のアフタヌーンティー。ハロウィンの季節のテーマは、「オトナハロウィン・アフタヌーンティー〜魅惑のグローリアス・マンション〜」。主の消えた豪華絢爛なゴシック様式の館(マンション)をイメージし、エレガントでちょっぴりダークな世界を表現しています。

食べてしまうのがもったいないほど美しく、妖しい魅力をまとったスイーツが5種と、一見スイーツと見紛うほど艷やかでおしゃれなセイボリーが3種、ガラスのプレートに彩られていますよ。

「オトナハロウィン」をテーマにしたアフタヌーンティー。約20種のドリンクから好きなものを好きなだけ選べます。4900円。

シェフの一番のおすすめスイーツは、「ビターチョコレートカップケーキ」。しっとりと焼き上げられた濃厚なチョコレートガナッシュと、いちじくのコンフィチュールが絶妙なバランスのかわいらしいケーキです。飾られているのは、この館で繰り広げられる舞踏会の仮面をイメージしたチョコレート。

いちじくコンフィチュールの甘さと少しビターなガナッシュの味わいが絶品のビターチョコレートカップケーキ。

他にも、プレートの上には物語性のあるスイーツが並びます。

棺をイメージした「和栗のチョコレートタルト」は、熊本県阿蘇の和栗を使ったペーストが芳醇な香り。棺の蓋をイメージしたチョコレートは、ダマスク柄。また、館の扉を開ける秘密の鍵があしらわれた「バイオレット&ベリーのムース」は、ビターなチョコレートタルトの上に、ちょっぴり酸味のあるベリーのムースが鮮やかな一品です。ひと口食べると、すみれの香りがふわっと立ち上ります。

アフタヌーンティーの最初にいただくセイボリーも、スイーツに負けないかわいらしさ。赤いコンソメと黒のバルサミコパールが宝石のように美しい「貝とカリフラワームース」は、さわやかな味わいのムースに、コンソメのアクセントが効いています。また、アニマル柄を思わせるサンドイッチは、「ゆずとフォアグラのサンド」。この柄は、ビーツと竹炭で作られているのだとか。タルトのような見た目なのは、「鴨のコンフィと紫いものタルト」。コンフィの塩気とタルト記事の甘さが食欲をそそります。

アフタヌーンティーは、28階のバー&ラウンジ「トゥエンティエイト」で開催中。ベイエリアと浜離宮を見渡せる贅沢な空間で、おしゃれなひとときを過ごしてみませんか?

左から時計回りに、スイーツの和栗のチョコレートタルト、バイオレット&ベリーのムース、セイボリーの貝とカリフラワームース、鴨のコンフィと紫いものタルト、ゆずとフォアグラのサンド。
階段式のプレートで用意されるのは、グラスシャンパーニュを加えた約20種のドリンクが好きなだけ選べる、コンラッド・ベア付き・デラックスアフタヌーンティー8000円。

期間:開催中~10月31日(土)
時間:11:00~16:30 ※2時間制
場所:コンラッド東京28階 バー&ラウンジ「トゥエンティエイト」
www.conradtokyo.co.jp/plans/restaurants/afternoon/twentyeight_2009

1 2