ライフスタイル 「世界で最も影響力のある100人 」はどう決まる?今年選ばれた日本人・伊藤詩織氏と大坂なおみ氏の活動と関連する英語フレーズ

毎年恒例となっている、TIME紙が選ぶ「世界で最も影響力のある100人」(Most influential people 2020)に2020年は日本人女性2人が選出されました。過去には安倍晋三元首相やソフトバンクグループの孫正義氏が選ばれたことがあり、今回もアメリカのトランプ大統領や大統領選に出馬中のジョー・バイデン氏が選出されています。

今回は「世界で最も影響力のある100人」がどのように選出されているのか、また選出された伊藤詩織氏と大坂なおみ氏についての英語フレーズをご紹介します。

「世界で最も影響力のある100人 (The most influential people)」とは?

「世界で最も影響力のある100人」が公表されるようになったのは約15年前。当時は企業の創始者など、何か大きなものを作り上げた人物が選ばれる傾向がありましたが、現在は環境活動家のグレタ・トゥンベリ氏など、現代の人々が思想面で大きく影響を受けている人物が選ばれる傾向が強まっています。

TIME紙は「TIME has always been a barometer of influence—and the nature of influence is changing.(TIMEは常に、影響についての指標を持っています。そして影響の本質は移り変わります)」とコメントしています。

その時代に沿った影響色を持つ人物を独自に選定していると言えます。

女性の権利のために戦う伊藤詩織氏

「Pioneer(先駆者)」部門で選ばれたのが、日本人ジャーナリストの伊藤詩織氏です。伊藤詩織氏は、自らのレイプ被害を実名と共に公表し大きな話題となりました。著書の『Black Box』には仕事を探している女性であれば当然のように行なうであろう、就きたい職についている人との食事がレイプ被害につながった経緯、その後警察にレイプ被害を伝える難しさ、訴訟を行うまでの数々の屈辱的な出来事が詳細に綴られています。

2017年の政府の調査によれば、日本の強姦被害者のうち警察に届け出たのはわずか4%。テレビなどに強姦のニュースが出てものちに取り下げられることが多いのは、提訴することにより受ける二次的な被害が大きいためであるとも言われています。

伊藤詩織氏は民事裁判で勝訴した後も、自らに対し継続してSNSなどにより誹謗中傷を続けた人物を名誉棄損で訴えるなど、これまでの日本にはなかった訴訟のあり方を体現している存在でもあります。また、彼女の活動はアメリカに端を発した「#MeToo」の運動を日本で広めるきっかけともなりました。

1 2