ライフスタイル 寺好き女子はたまらない!京都に新オープンのラグジュアリーホテル2選

最近では“寺好き女子”に“神社ガール”、“御朱印ガール”が増えているなんて聞きますが、実際「お寺や神社が好き!」という人も多いのでは?今回はそんな女子にとっておきの情報をご紹介。それは、京都の2つの最新ラグジュアリーホテルオープンのニュース。お寺や神社が近く、巡り放題な上に、京の歴史と融合する現代的な空間や、そこでしか体験できないアクティビティーなど、寺好き女子・神社ガールなら惹かれる要素がたっぷりです!

1.京都悠洛ホテル二条城別邸Mギャラリー

京都悠洛(ゆら)ホテル二条城別邸Mギャラリー 。

一つ目は、2020年11月28日にオープン予定の、二条城に寄り添うようにたたずむ「京都悠洛(ゆら)ホテル二条城別邸Mギャラリー」。

そこは地下鉄東西線二条城駅より徒歩1分の、全25室のスモールラグジュアリーホテル。コンセプトは“上質な非日常”。世界的デザイナーの橋本夕紀夫氏によりデザインされ、全客室やロビーは、四季折々美しく手入れされたホテルの日本庭園に面しており、高層階からは二条城を望める客室もあるなど、まさに京都の奥深い歴史を贅沢に楽しめるホテルです。

橋本夕紀夫氏 の空間デザイン。

この空間デザインは、将軍家と天皇家の、歴史と共に入れ代わる主人と激動の時代を見守り続けてきた二条城の“人”と“神”の二面性を、建築、装飾などの随所で表現されています。

フレンチレストラン「Singular 眞蔵(シンギュラー/シングラ)」 。

食事施設も充実しています。フレンチレストラン「Singular 眞蔵(シンギュラー/シングラ)」では、ミシュランガイドにて4年連続で選出されたシェフ大久保晋氏が総料理長を務め、旬の食材を贅沢に使った繊細で独創的なフレンチが提供されます。食事も思う存分楽しみたい人は、大久保シェフの特別な食事を贅沢に味わえる一泊二食付き『二条城別邸を味わう』宿泊プランを選んでみるのもよさそうです。ちなみに併設のバーでは、オリジナルカクテルを楽しめるそうですよ。

大久保晋シェフのお料理が楽しめます。

そして寺巡り好き女子にとって一番の注目が、京都悠洛ホテル二条城別邸Mギャラリーでしか体験できないアクティビティー!

その一つが「神社・お寺体験」。独自のコネクションにより地元の神社・お寺の協力を得て開発したMギャラリーオリジナルの「神社・お寺プライベート体験」が楽しめるんです! 一足先にその体験の内容をお届け!

「神社・お寺体験」の内容

現時点では、高松神明神社における朝のお参り体験と、壬生寺 本堂・狂言堂の特別拝観が決まっています。

1.【宿泊者限定】高松神明神社 朝のお参り体験

高松神明神社。

高松神明(たかまつしんめい)神社は、ホテルから徒歩10分ほどの場所にある、2020年に創建1,100年を迎えた古社。神社で毎日行われている「朝拝(朝のお参り)」に参列し、清々しい一日の始まりを迎えることができます。

その歴史は、平安時代初期に醍醐天皇の皇子・源高明公の御殿として造営された「高松殿」の鎮守の社として、伊勢から天照大神を勧請してお祀りしたことに始まると伝わっています。「高松殿」は白河上皇や近衛天皇らが御所としてお使いになったほか、保元の乱では、後白河天皇方の本拠地として源義朝や平清盛らがここに参集したといわれています。

また、寛政6(1794)年には「日本一の兵」と称される武将・真田幸村の念持仏であった地蔵菩薩像がこの地に遷座され、現在も「幸村の知恵の地蔵尊」として信仰を集めているそうです。

「特別御朱印」と「絵馬」が授与されます。

朝のお参りでは、特別に拝殿への「昇殿参拝」をさせていただき、「厄除け護摩木」を奉納し宮司さんからの「講話」を頂戴します。また、大人は「特別御朱印」と「絵馬」が授与されます。

遠く平安京の時代より歴史の変遷を見守ってきた貴重な場所で、特別な時間を過ごすことができそうです。

2.【宿泊者限定】壬生寺 本堂・狂言堂特別拝観

壬生寺・本堂。

壬生寺はホテルから徒歩約20分、もしくはバス利用ならバス停から徒歩3分の場所にある、お地蔵さんと壬生狂言・新選組ゆかりとして知られるお寺。その壬生寺の、普段は拝観できない場所で拝観ができる特別拝観プログラムです。

壬生寺は、正暦2(991)年に地蔵菩薩を本尊として創建され、節分行事や鎌倉時代から続く、重要無形民俗文化財・壬生大念仏狂言で、古くから厄除け開運の信仰を集めてきたお寺だそう。幕末に新選組が兵法調練場として使っていたことから「新選組ゆかりのお寺」としても知られ、境内の壬生塚には新選組隊士のお墓が祀られています。

壬生寺本堂内。

普段はお堂の外からしかお参りできませんが、特別にご本尊の延命地蔵菩薩立像(平安時代・重要文化財)や日本で唯一の友禅障壁画を間近で拝観できるのはありがたいものです。

大人は「特別御朱印」「壬生寺オリジナル絵はがき」、子どもも含めた全員が「壬生寺オリジナルの誠珈琲」を授与されます。

寺巡りだけでなく、新選組のファンでもあるなら、新鮮組発祥の地である壬生界隈の散策も一緒に行うのも良さそうです。

このアクティビティーは、こちらのホテルならではの濃い内容!二条城だけでは物足りないという人も大満足できそうですね。

DATA
京都悠洛ホテル二条城別邸 Mギャラリー
2020年11月28日開業予定
所在地:京都府京都市中京区市之町180-1
アクセス:地下鉄東西線 二条城前駅 徒歩1分
客室数:全25室
TEL:075-366-5806
https://all.accor.com/hotel/B7P8/index.ja.shtml

1 2