ライフスタイル 【女子文具】ラベルプリンターが盛り上がっている!?最新機種のオシャレな使い方

家で過ごす時間が長くなった今、快適な空間作りのために、整理整頓をする人が増えています。それに伴って、ラベリングのツールとして、ラベルプリンターへの注目が高まっているそうです。でも職場のような味気ないラベルはちょっと……。そこで注目されているのが2020年10月1日に発売された『ラベルプリンター「テプラ」PRO SR-MK1』です。愛称は『MARK』。ラベルの新しい在り方を提案するモデルとして誕生しました。

「テプラ」PRO “MARK” SR-MK1(1万5000円)。カラーはベージュとカーキ。

筆記体や細かい画像もキレイにラベル印刷

『MARK』は「テプラ」PRO初のスマートフォン専用モデル。本体をBluetoothでスマホと接続し、専用アプリ『Hello』を使ってラベルを作成します。スマホで操作するので、いつでも手軽にラベルを作成。しかも『Hello』には豊富なテンプレートが用意されているので、そこから好きなデザインを選ぶだけで、オシャレなラベルを作ることができるのです。

スマホの操作でラベルが作成できるから簡単!

しかも360dpiの高精細ヘッドを採用しているので、文字や画像をキレイに印刷でき、まるでお店で販売しているラベルのよう。この360dpiというのは、『テプラ』の最上位機種と同等クラス。お手頃価格なのにこの繊細さなら、俄然、ラベルを作りたくなります。

オシャレなラベルで小物をわかりやすく収納。

操作方法は「クイック作成」と「一括作成」、「こだわり作成」の3つ。「クイック作成」はデザインを選んでテキストを入力するだけで手早くラベルを作成。「一括作成」は同じデザインで言葉違いのラベルを一括で作れるので、調味料や衣類の収納など、同じイメージのラベルを作りたいシーンで使えます。そして「こだわり作成」ではスマホに保存している画像を挿入したり、イチからラベルを作成することも可能。

子どもが描いた似顔絵でラベルを作るなんてこともできます。
1 2