ライフスタイル 高級チョコブランドの「ゴディバ」がファミレス業界と初コラボ!デニーズに登場した期間限定デザートをチェック

冬になると生チョコなど、チョコレート関連のスイーツが増え、チョコ好きにはたまらない季節です。高級なものからデイリーに手軽に食べられるものなど種類も多い中、高級チョコレートブランドとして日本でも人気の「ゴディバ」が、「デニーズ」とコラボして、 2020年11月10日(火)より期間限定で 3種のデザートが登場しました。ファミレス価格でゴディバのデザートが食べられるなんて、行くしかないですね。

進化し続けるデニーズのデザート

デニーズ×ゴディバの初コラボデザート3種

デニーズでは、旬のこだわり食材を使ったインパクトのあるサンデーが季節ごとに登場し、毎シーズン楽しみにしているファンも多いことで有名です。例えば苺フェアでは、国産苺にこだわったり、33年も前からフレッシュマンゴーを使ったりと、サイズや糖度にこだわった食材のデザートが、ファミリーレストラン価格で食べられるんです。

今回は、旬というよりは王道のチョコレートのデザート。定番であればあるほど難しいと今回、圧倒的なブランド力と認知度がある世界で愛されているゴディバとのコラボを、1年かけて実現させました。商品開発部の坂元和弘さんによると、デニーズの小松社長から「衝撃を与えなさい」という言葉があったそう。

ゴディバが 初のファミレスとのコラボに踏み切ったのは、「記憶に残るときを届けたい」というミッションに共通点があると感じたことや、ゴディバの顧客のみなさんから、「デザートって食べられないの?」というリクエストが多く、チョコレートのよさを、より幅広い人に知ってもらおうとコラボを決めたそうです。その結果、ゴディバのエグゼクティブ・ショコラティエ/パティシエのヤニック・シュヴォローさん監修によるデザートが実現しました。

コラボスイーツは3種類

今回のコラボで登場するデザート3種類。ゴディバのクオリティそのままに、デニーズ価格なのがうれしいところ。それぞれのデザートをご紹介します。

GODIVA チョコレートサンデー 1,208円(税込)

これひとつで、お腹も心も満たされる「GODIVA チョコレートサンデー」は、ゴディバ監修のチョコレートクリームをはじめ、ひと口ごとに違う食感が楽しめます。

トップのカカオソルベは、カカオの濃厚さと、ソルベのさっぱり感で始まり、キャラメリゼされたバナナが絶妙な食感がプラス。ミルクチョコを食べすすめると、ココアコーンとゼリーのしっとりサクサク。さらに、フィアンティーヌココアにバナナ、チョコレートアイスに濃厚ソースと、この大きなグラスのサンデーの上から下まで食感と味が変化し続け、濃厚なのに試食会に参加した筆者を含め、ほとんどの人が完食されていました。ひと口ごとの異なるチョコ体験が楽しめます。

GODIVA チョコレートミニパルフェ 658円(税込)

「サンデーはちょっとボリュームがありすぎるかな?」という時や、ランチのあとのデザートなら「GODIVA チョコレートミニパルフェ」が、おすすめです。ミニサイズで、サンデーと同じく、何層にもなったチョコレートの味や食感が楽しめます。ランチ後だけでなく、デザートタイムに、これひとつでも満足いただけるようにと、一番上には、ソルベでなくチョコレートアイスで、より満足感があるよう工夫されています。よりクリーミーな方が好きなら、ミニパルフェがいいかもしれません。

GODIVA チョコレートパンケーキ 768円(税込)

「GODIVA チョコレートパンケーキ」は、ゴディバのチョコレートを生地に練り込んで注文ごとに焼き上げられます。ふわふわのパンケーキに、チョコレートソースやアイスクリーム、ホイップクリームが一体となって、焼きたての温かさと冷たさが一度に味わえます。

ゴディバでは、子どもが食べられるものがあるの?と聞かれることもあるそうですが、「ハピネスは老若男女に訪れるもの」という考えのもと、商品開発を行っているため、今回のコラボは相思相愛で誕生したといえますね。スイーツは、多くの人を笑顔にしてくれる魔法の食べ物。まだ1種類しか食べていないので、期間中にほかの2種類も食べに行こうと思います。

☆☆☆

デニーズ×ゴディバ コラボスイーツ
販売店舗:デニーズ全店
販売期間:2020年11月10日(火)~2021年1月上旬(予定)
デニーズ https://www.dennys.jp/ 

取材・文/林 ゆり