ライフスタイル 小春日和の北欧さんぽ 日本でフィンランドを感じるスポット3選

2.メッツァビレッジ

2018年、飯能市宮沢湖の湖畔にオープンした、メッツァビレッジ。

「北欧時間が流れる森と湖での体験を通じて、こころの豊かさの本質に気づき、日常生活へと持ち帰れる場所」をテーマに、雑貨ショップやカフェ、レストランなどが集っています。

フィンランド発の最新デザイン雑貨を扱うショップ「TRE」や、100以上の北欧ブランドが揃う「北欧雑貨」などのショップが入っているマーケットホールは、足を踏み入れると、まるでヨーロッパのお土産やさんに来たよう。

レストランやカフェが集まるバイキングホールには、フィンランドの国民的カフェ「ロバーツコーヒー」も。敷地内には宮沢湖を一望でき、フィンランドブランドの食器で食事を楽しむことができる「nordics」もあり、どこでお茶をするのかも迷ってしまいそうです。

左上:開放的な宮沢湖の風景。カヌー体験もできる。右上:フィンランドブランドを中心にデザイン雑貨が揃う「TRE」。左右下:カフェ「nordic」。フィンランドの陶器ブランドARABIAのマグ「Sunnuntai」で提供される「日曜日の抹茶ラテ」。

また、毎年この季節には、北欧やヨーロッパ各地のクリスマスグッズが集まるクリスマスマーケットがメッツァホールで開催されています。

北国ならではの冷え知らずの暖かい毛糸の靴下や、かわいいデンマークの妖精ニッセの人形など、クリスマスのプレゼント探しにもぴったりです。

12月25日まで開催のメッツァホールのクリスマスマーケット。
クリスマスシーズンのかわいい雑貨やお菓子がたくさん。

メッツアビレッジ
住所:埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ
時間:マーケットホール平日10時〜18時、土日祝10時〜19時、バイキングホール平日10時〜19時、土日祝10時〜20時
https://metsa-hanno.com/

1 2 3