ライフスタイル オワコンじゃなかった!2020年の流行グルメも「タピオカミルクティー」が堂々1位

今年も残すところあと3週間あまりとなりました。1年を振り返る時期ですが、流行語大賞に「3密」が決定したことでもわかる通り、今年はとにかく新型コロナウイルス一色だった印象。外食もままならず、爆発的なグルメの流行もあまり印象にありません。

2019年は「タピオカミルクティー」が大ブームだったが…

そこで今回ご紹介するのは、マルハニチロ株式会社が毎年実施している「今年の食生活に関する調査」。まずはコロナ以前の2019年の調査結果をもとに、昨年話題になった食べものや飲みものを振り返ってみましょう。

タピオカが流行しすぎて「東京タピオカランド」までオープンしました。

2019年といえば圧倒的に「タピオカミルクティー」が話題になっていたことが分かります。年代別にみると、10代女子は81.0%が飲んでいたという驚異的な割合。当時は多くの若い女性が人気のタピオカ専門店に行列していたものですが、コロナ禍の現在に振り替えると何とも平和な時代でした。

ではこれから1年が経過したコロナ禍の2020年。一体どんなグルメが話題になったのでしょうか?結果はこちらです。

「フルーツサンド」も話題になりましたが、タピオカに及ばず……。

なんと今年も「タピオカミルクティー」が1位。昨年の大ブームと比較するとずいぶん沈静化している印象がありますが、今年はそれを超える流行がなかったようです。昨年81%が飲んでいた10代女子でも、今年57%を維持。結局半数以上がいまだにタピオカミルクティーを飲んでおり、すっかりブームが定着したといってよさそうです。

1 2